アウトサイダー(outsider)

アウトサイダーとは一般的な組織や集団、法律の外にいる人の事を意味する言葉です。最近では元プロレスラーである前田日明氏が始めた「THE OUTSIDER」という格闘技イベントもあり、アウトサイダーという言葉も一般に広くつかわれるようになりました。今回はアウトサイダーが持つ複数の意味や由来、例文まで解説を分かりやすくしていきます。

[adstext]
[ads]

アウトサイダーの意味とは

アウトサイダーという言葉の意味は複数あります。
(1)組織や法律の外にいる人の事。イメージとしては無法者が常識や慣習や法律にとらわれないという所です。
(2)ビジネスにおいて業界の慣習を打破して、競争的立場をとる企業の事を指す言葉でもあります。
アウトサイダーは以上の様に、2つの意味を持つ言葉ですが、一般的には(1)の使われ方でアウトサイダーは使われることが多く、そういった認識をしている人が大多数です。

アウトサイダーの由来

アウトサイダーは英語での表記は「outsider」となり、外側という意味を持つ言葉になります。そこから派生して、ルールは法律、組織の外側にいる人という意味でアウトサイダーが日本語として定着していったと考えられます。

アウトサイダーの文章・例文

例文1.アウトサイダーは無法者だと思われる事も多く、人に迷惑をかけるケースもある。
例文2.アウトサイダーと言われると、最近は格闘技イベントを連想する人も多くなっている。
例文3.彼は更生して、10年前はアウトサイダーであったものの、今は立派に社会人と活躍している。
例文4.例年どうしても、数人はルールに反発してアウトサイダーが出てきてしまうものだ。
例文5.現在の日本においては、アウトサイダーと呼ばれる人間は半グレやマフィア化してしまう事もある。
一般的にはアウトサイダーはポジティブな意味を持つ言葉ではない為、例文もこういった文章が多くなるでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アウトサイダーの会話例

  • 質問者アイコン

    友達のA君も本当に真面目に働いていて、ずいぶん驚いたよ。

  • 回答者アイコン

    A君ってあの真面目そうな人だよね?昔なにかあったの?

  • 質問者アイコン

    若いときはやんちゃで手を付けられたなく、地元では有名なアウトサイダーだったんだよ!

  • 回答者アイコン

    そうなんだね、人は見た目だけじゃわからないものだね。今、まじめにやっているならそれで十分だよね。

友人が昔、アウトサイダーという存在でありながら、真面目に働いている事を話している文章になります。

アウトサイダーの類義語

アウトサイダーの類義語は「無法者」「アウトロー」などがあげられるでしょう。

アウトサイダーまとめ

アウトサイダーの意味は一般的に理解されているものとは別の意味も実は持ち合わせており、それも合わせて覚えておくとビジネスシーンで役に立つケースもあるかもしれません。ただ過去にアウトサイダーであったとしても更生して、社会の役に立っている人材になっていけばいいと思いますし、その為の道しるべ、更生の場所として格闘技イベントの「THE OUTSIDER」は実は創立されて、現在まで行われているのだそうです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事