アイスクリームの日にアイスを買う

アイスクリームの日(あいすくりーむのひ)

日本には、国民の休日として国に定められている記念日以外にも、祝日として定められていない記念日が数多く存在しています。その中でも、5月9日は「アイスクリームの日」ということで世間には認知されております。そこで、このアイスクリームの日とはどういう記念日なのかを解説していきます。

アイスクリームの日の意味とは

アイスクリームの日とは、日本アイスクリーム協会が定めている記念日になります。国が制定しているわけではないので、残念ながら休みにはなりませんが、アイスクリーム販売を行なっているお店によっては特典を実施しているところもあるようです。

アイスクリームの日の由来

同協会は、昭和39年に5月9日をアイスクリームデーと定め、病院にアイスクリームの寄贈をしたり、ヒルトンホテルで祭典を開催するなど行いました。昭和45年には協会各地やデパートでアイスクリームの無料配布を実施するなど、アイスクリームの普及に向けた活動が行われていたようです。また、過去にはミスコンやフェスの開催なども行なっていたようです。

アイスクリームの日の文章・例文

例文1.今日はアイスクリームの日だから、アイスを買って帰ろう
例文2.5月9日がアイスクリームの日というのは初めて知った
例文3.アイスクリームの日の歴史は意外と深い
例文4.アイスクリームの日だからと言って、食べ過ぎないように気をつけよう
例文5.実は今日はアイスクリームの日というらしい
1日限定なので、使う機会は少ないかもしれませんが話のネタとしては例文のように使うことができます。続いて会話でも例を挙げてみます。

アイスクリームの日の会話例

  • 質問者アイコン

    知ってる?今日はアイスクリームの日らしいよ。

  • 回答者アイコン

    知りませんでした!
    暑くなってきたしちょうどいいですね。

  • 質問者アイコン

    僕も帰りに買って帰ろうと思ってるんだ!

  • 回答者アイコン

    食べ過ぎないように気をつけてくださいね。

日常会話としては自然に用いるかと思います。

アイスクリームの日の類義語

日本には様々な記念日があると冒頭で記載しましたが、これらは「日本記念日協会」によって管理されており、アイスクリームの日のように様々な記念日が登録されています。例えば、同じ5月9日には「悟空の日」や「クレープの日」としても登録されています。

アイスクリームの日まとめ

日本には様々な記念日が存在しており、日々増え続けているため、意外と入られていないようなものもたくさんあります。興味を持った方は、日本記念日協会のサイトも見てみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事