みなし弁済

みなし弁済という言葉は、過払い金の返還請求が行えるようになった2006年からは、ほとんど聞かなくなりました。それは、一体何故なのでしょうか。

みなし弁済の意味とは

みなし弁済とは、利息制限法を超えた金利を徴収していたとしても、両者(貸す側と借りる側)の間に合意があり、納得の上であればそのような金利でも有効だという、旧貸金業法上の規定です。
現在の貸金業法は、2006年から施行が始まったもので、その中ではみなし弁済は一切認めていません。ただし、それまでに徴収された違法な金利に関しては、ただちに違法となるものではなく、過払い金として返還請求がない限り、自ら返還する必要はありません。
よって、2006年までにキャッシング行為を利用したことがある人には、このみなし弁済が適用されていた可能性があり、過払い金が発生しているかも知れないので、一度は返還請求を行ってみるべきだと言われているのです。

みなし弁済の由来

みなし弁済の由来は、”両者が合意さえしていれば、正当な金利での弁済(意味は返済と一緒です)だとみなす行為”という意味からです。
尚、「みなし利息(または金利)」という似た言葉がありますが、こちらは全く意味が違い、その分も利息(金利)だとみなすという意味で使います。金利以外の手数料をみなし金利だと言われれば、それも金利の一部だと考えていいでしょう。

みなし弁済の文章・例文

例文1.みなし弁済していた分は、過払い金請求で全て取り戻せるの?
例文2.まさか、みなし弁済が適用されているとは思わなかった
例文3.どうしてみなし弁済などという規定があったのかが疑問だ
例文4.恐らくみなし弁済に該当するので、早く返還請求をした方がいい
例文5.今ではみなし弁済を含む貸借契約は最初から違法だ
みなし弁済の適用によって発生している過払い金は、最後にその相手と取引(借入や返済)を行った日から、10年以内に返還請求を行わないと取り戻すことができなくなります。(消滅時効の成立により)
2006年までにキャッシング行為を行った覚えのある人は、急いでその確認、及び請求を行いましょう。

みなし弁済の類義語

みなし弁済の類義語は、「グレーゾーン金利」という言葉になるでしょう。利息制限法を超えている金利をこう呼んでおり、そこから法定金利を差し引いた分が過払い金です。
つまり、このグレーゾーン金利が適用されている状態こそ、みなし弁済になります。

みなし弁済まとめ

みなし弁済は、それが有効だった時期に結んだ契約だとしても、返還請求があれば、それに応じる必要があります。最後の取引から10年以内がそれが行える期限で、返還される範囲に制限はありません。(返還請求自体が有効なら、15年前の分でも返還されます)

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事