ふぁぼとはツイートをお気に入り登録できることです。。

ふぁぼ

ふぁぼという言葉をwebで見かけたことはありませんか?インターネット上ではさまざま新しい言葉が作られていますが、ふぁぼもインターネットが発祥の言葉です。聞き慣れない言葉なので、ふぁぼとは一体どのような意味なのかな?と気になる方もいることでしょう。ここでは、そんな疑問に答えるため、ふぁぼについて意味や由来を解説しています。

ふぁぼの意味とは

ふぁぼはTwitterから生まれた言葉です。Twitterの画面を見ると、ツイートが表示される下の部分にハートマークが表示されています。このハートマークはいいねボタンなのですが、ボタンを押すとツイートをお気に入り登録できるようになっています。このいいねをボタンを押して、お気に入りボタンを押す行為をふぁぼと呼んでいます。ちなみに、自分がお気に入りに登録することをふぁぼと呼び、相手にお気入り登録してもらうことは受け身の形になり、ふぁぼされると言います。ふぁぼをしておくと、自分のツイッターのアカウントに表示されるハートマークからお気に入りのツイートをいつでも見られるようになります。

ふぁぼの由来

ふぁぼの由来は英語のfavoriteから来ています。favoriteにはお気に入り、好みの、大好きなといった意味があり、この中のお気に入りからふぁぼと言われるようになりました。英語っぽく発音するとフェイヴァリットとなるのですが、favoriteの最初の四文字をローマ字読みでふぁぼと言っています。

ふぁぼの文章・例文

例文1.お気に入りのツイートにふぁぼした。
例文2.気に入ったツイートをふぁぼして保存する。
例文3.いいつぶやきを見つけたので、ふぁぼっておいた。
例文4.ツイートをしたらふぁぼしてもらえた。
例文5.今日はじめてふぁぼられた。
Twitterは毎日多くの方がつぶやくために、いいことを言っているなと思っていたツイートを見つけられなくなるといったことが起こります。ふぉぼっておけば、いいねボタンからいつでもツイートを見られるのでこのような事態を避けられます。

ふぁぼの会話例

  • 質問者アイコン

    今日〇〇さんのツイート見た?

  • 回答者アイコン

    見てないんだけど、どんなの?

  • 質問者アイコン

    ファボしているから、君も見てみる?

  • 回答者アイコン

    さすが〇〇さんだね。いいこと言ってるな。

いいツイート見かけると積極的にふぁぼする人と、見るけどふぁぼはしないという人に分かれます。ふぁぼしたことは相手に伝わるために避けてしまう人も多いようです。

ふぁぼの類義語

ふぁぼの類義語はブラウザのお気に入りボタンが挙げられるでしょう。パソコンでネットサーフィンをしていい記事を見つけたときに、ブラウザの星マークをクリックするとお気に入り登録できるようになっています。お気に入り登録をしておくと、その後はブックマークメニューから登録したページに直接飛べるようになり、いつでもお気に入りの記事を読めるようになります。Twitterが生まれる以前からブラウザのお気に入りボタンはあり、お馴染みの方も多いことでしょう。

ふぁぼまとめ

Twitterのふぁぼは、気に入ったツイートを登録できる便利な機能です。それと同時に相手に好意を伝えられる、いいねという意味も持ち合わせています。Twitterユーザーの方は、気に入ったツイートを見つけたら、気後れせずふぁぼしてみましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事