ズボラ(ずぼら)

まわりに一人はいるでしょう、見た目がだらしない人、生活自体がだらしない人。そうした人を見てどう感じるかというのは置いておき、こうした人を指して別の言葉で「ズボラ」と呼ぶことがあります。この「ズボラ」という言葉ですが、「だらしない」とは違うのでしょうか?言葉の意味を解説していきます。

[adstext]
[ads]

ズボラの意味

「ズボラ」の意味は、だいたい世間で言われている意味合いと同じで、行動や性格がだらしない人のことを指します。なので、「ズボラ=だらしない」という認識になりますね。意味としはだらしないと同じですが、聞いている側としては少し柔らかくしたような印象になりますね。
ズボラな人にはいくつかの特徴があり、「細かいことを気にしない」「部屋が汚い」「字が汚くて読めない」「髪や手を自然乾燥で乾かす」など他にもいくつかありますが、このような特徴があるようです。

ズボラの由来

ズボラという言葉は、近世の上方(京都や大阪など現在の近畿のあたり)の方言で、「ずんべらぼん」「ずんぼらぼん」といった、ツルツルしたものの表現やのっぺりしているものの表現に使う言葉からきています。

ズボラの文章・例文

例文1.ズボラな性格で部屋の片付けができない
例文2.彼はズボラだから食べ方が汚い
例文3.彼女はズボラだけど、どこか憎めない
例文4.自分でもズボラなことはよく理解している
例文5.私がズボラな性格だから、几帳面な人はすごいと思う
現代ではズボラなキャラクターを主役とした漫画やアニメが多いこともあり、かわいい表現には聞こえますが、実情はそうでもないかもしれません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ズボラの会話例

  • 質問者アイコン

    明日、部屋に遊びに来るんだっけ?

  • 回答者アイコン

    そうだよ。
    ちゃんと部屋を片付けておいてね!

  • 質問者アイコン

    全く片付けてないから面倒臭いな〜。

  • 回答者アイコン

    本当にズボラなんだから!じゃあ私が片付けるよ。

実際、出したものが片付けられrない人は多いのではないでしょうか。

ズボラの類義語

ズボラは「だらしない」と同じ意味の言葉になりますし、「みっともない」「だらしない」も近い意味の言葉になりますね。

ズボラまとめ

ズボラであることは人にさえ迷惑をかけなければ、悪いというものではありません。ただ、周りからそういう目で見られるようになってしまうので、ズボラにならないように気をつけた方が何かとメリットはあるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事