XML

XMLという言葉を聞いたことがあるでしょうか?ウェブに関するお仕事をされている方であればどこかで一度は聞いたことがある単語かと思います。しかし実際にプログラミングを書いたりする技術者でない限りは、それほど親しみのある言葉ではありません。ただし、知らないうちに普段の生活の中で使われている技術ですので、XMLとは一体どんなものなのか今回の記事では紹介していきます。

XMLの意味とは

XMLはExtensible Markup Languageの略です。インターネット上で様々なデータを扱う場合に威力を発揮する言語として1998年に作られました。
仕様が非常に簡単という事でどんどん利用が広まっていった言語になります。HTMLと比較されることも多いのですが、HTMLはどちらかと言うとテキストなどをそのまま表示するための言語であり、XMLはデータを管理するための言語になっています。ここでは詳細は述べませんが、ひとまずその2つが違うものであるという事だけは頭に入れておいてください。

XMLの由来

先ほども記述したように、HTMLはテキストを表示するための言語になります。しかし、データを管理したりプログラムが読み込むには適していません。そこでW3Cがデータ管理がも可能なHTML並みに記述が楽なマークアップ言語を開発したのが発端になります。

XMLの文章・例文

例文1.XMLを使ってデータを管理する
例文2.XML作成したデータをコンピューターが読み取る
例文3.XMLの情報管理は非常に重宝される
例文4.プログラマーとしてXML言語を使用する
例文5.データ管理を依頼されたが、XMLについての知識がなく疲弊している
冒頭申し上げたように、プログラマーでなければこのXMLという単語すら聞く事はほぼ皆無かと思います。
ただしウェブ業界に属している人であればXMLについて一言・二言話が出来るくらいになっておくと良いかもしれません。

XMLの類義語

XMLは専門用語ですので類義語はありません。ただし、先ほども申し上げたようにHTMLとの比較で用いられることが多いのでそれぞれの役割の違いを理解しておくことが大切です。
あくまでもHTMLはテキストなどを表示することに長けている言語で、XMLはデータの管理をするのに適した言語です。似て非なるものですので、混同しないようにしてください。

XMLまとめ

いかがでしょうか?ホームページ上のデータを管理する事に非常に優れたXMLを上手く使う事で、可能性は無限に広がりますし、業務の効率も大幅に測る事が出来ます。特に社内に詳しい人がいないという境遇の人はむしろチャンスです。周りが知らない事を自分が知っていればそれだけで付加価値がつきます。

この記事を読んでいる人に人気の記事