SWOT分析を行う様子。

SWOT分析(スウォットぶんせき)

「SWOT分析」とは「企業を分析するフレームワークで、強み・弱み・機会・脅威の英単語の頭文字を合わせて”SWOT”としたマーケティングツール」です。現在の企業状態を知り、将来の有効的な戦略に活かす為に「SWOT分析」を導入するケースが多いです。それでは、多くのビジネスマンに必須の分析手法「SWOT分析」の解説となります。

[adstext]
[ads]

SWOT分析の意味とは

「SWOT分析」の意味は以下の通りとなります。
(1)強みを意味する「Strength」、弱みの「Weakness」、機会の「Opportunity」、脅威の「Threat」の頭文字を合わせたビジネス用語やマーケティング用語で、企業における経営戦略や現状分析で用いるフレームワーク(枠組み)の事。
(2)自社の企業分析に用いる人気ツールで、内部環境と外部環境をそれぞれ長所短所に分けて分析し、客観的に課題などを見つけるのに用いる。
(3)「スオットぶんせき」とも読む。英語表記は「SWOT Analysis」「SWOT Matrix」となる。
企業のマーケティング分析などで用いられるフレームワークの一つが「SWOT分析」です。大半の企業が現状分析や戦略分析で取り入れ、類似の「3C分析」「ピラミッド・プリンシプル」などと同様に今では欠かす事ができないツールとなっています。「SWOT分析」は「Strength」(強み)、「Weakness」(弱み)、「Opportunity」(機会)、「Threat」(脅威)を内部環境と外部環境に当て嵌め、企業(自社)として内部環境におけるサービスの強みや弱み、外部環境における機会や脅威を明確にする事で、問題整理や目標設定に役立ちます。よって、企業のマーケティングとして広く用いられていますが、一方では1960年代に編み出された手法・考えなので現代では古くて最適なツールとは言い難いと否定をされる事もあります。理由として、当たり前の事実を改めて分析するだけであり、将来的な成長には結びつかないというのです。要は将来のトレンドや顧客分析ではなく、飽く迄も現状における企業としての強みや弱み、そしてライバル企業などを分析しているだけなので、もう一歩先に進めていないという理屈です。ビジネスシーン全体が景気良く、緩やかでも伸びていく環境なら「SWOT分析」も有効ですが、現在のようにネットやデジタル化によってあまりにも急激に進み、一部の企業だけが勝ち残る社会では従来型のマーケティングツールでは難しくなるようです。

SWOT分析の由来

「SWOT分析」の由来は正確には分かっていませんが、始まりは1960年代でアメリカにある世界最大の研究機関「スタンフォード研究所」のアルバート・ハンフリー氏が発案者と言われています。

SWOT分析の文章・例文

例文1.SWOT分析を使って自社の現状把握をする事になり、驚愕の事実を突き止めてしまった。
例文2.地方の弱小企業でも、SWOT分析や3C分析を導入すれば都心の大手企業に太刀打ちできると夢を見ている。
例文3.SWOT分析は現在では相応しくないとする声もあるが、それを理解した上で一つのツールとするなら十分ありだろう。
例文4.改めて分析したら、我が社は長所が圧倒的に少なく弱点ばかりだとSWOT分析の報告書を見て頭を抱えた。
例文5.市場規模や景気状況など外部環境を知る上でもSWOT分析は役立つ。

マーケティングツールである「SWOT分析」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

SWOT分析の会話例

  • 質問者アイコン

    やっとSWOT分析の資料が作り終わったよ。

  • 回答者アイコン

    それはお疲れ様です。

  • 質問者アイコン

    でも、こうして冷静に自社を分析するのは変な気分だよね。

  • 回答者アイコン

    確かにそうですよね。長所はまだしも短所を上げて、それを上司を前にして発表するんですから、あまりにも辛辣だと愛社精神がないと疑われそうですよね。

職場での同僚男女の会話です。「SWOT分析」の資料を作り終えた男性がホッとして、同僚女性と本音を吐露しています。

SWOT分析の類義語

「SWOT分析」の類義語には、「3C分析」「ロジックツリー」などの言葉が挙げられます。

SWOT分析まとめ

「SWOT分析」はマーケティング戦略のフレームワークで、企業の現状を内部環境と外部環境の強み・弱み・機会・脅威として問題整理や把握をするのに役立ちます。要するに企業のメリットデメリットを分かりやすく分析する事に優れたツールで、マーケティング戦略として多くの企業が取り入れています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事