swiftでアプリ開発を行う

Swift

Swiftとは、プログラミング言語の一つですが、皆さんはご存知でしょうか。今日、多くのiOSアプリケーションが存在しますが、それらはSwiftという言語を使って作られています。では一体、Swiftとはどのようなものなのでしょうか。Swiftの使い方やどういったものであるかを詳しく説明していきます。

Swiftの意味とは

Swiftとは、Xcodeというものを使って開発を行うものであり、ネイティブアプリを開発するためのプログラミング言語です。SwiftはApple社によって開発されました。Swiftの特徴は「モダン、高速、安全、インタラクティブ」とApple社は公表しています。また、Swiftは2014年に開発されたばかり新しい言語であり、「速い」といった意味があるので処理の速さをアピールしていることがよくわかりますね。 SwiftはiOSとMacOSのアプリケーションを開発するためのプログラミング言語であり、コーディングが簡単になったり、動作が軽量であったりととても魅力的です。Swiftは、RubyやPHPなどのスクリプト言語で開発する時と同様に設計し簡単にアプリを作成することができるのです。Objective-Cというプログラミング言語でもiOSなどのアプリを開発できますが、将来性を考えるとSwiftの方がシェアは広がっていくでしょう。

Swiftの由来

Swiftとは本来アマツバメという鳥のことだそうで、iconも鳥のマークになっていますね。

Swiftの文章・例文

例文1.Swiftで作られたアプリケーションを使ってみる
例文2.プログラミング⾔語であるSwiftを学習する
例文3.Swiftで書かれたプログラムを理解する
例文4.Swiftでアプリケーション開発を行う
例文5.Swiftについて学ぶ

Swiftの関連語

Swiftの関連語としては「Javascript」、「PHP」、「Python」、「Ruby」、 「Java」、「C#」、「C++」、「C言語」などがあげられます。

Swiftまとめ

今日、多くの日本人はiPhoneを使っていると思います。そして多くのアプリケ ーションをApple Storeからインストールして使っていることでしょう。そのアプリケーションの一部はSwiftで作られていて、私たちはSwiftの恩恵を受けているのです。アプリを利用するときも、ストレスを感じないで、素早く処理をしてくれるのもSwiftで書かれたプログラムのおかげです。もし、iOSやMacOSなどのアプリを作りたいと思ったのなら是非、XcodeでSwiftを使った開発をしてみていかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事