SOX法

SOX法(ソックス法)はアメリカの法律で上場企業会計改革および投資家保護法( Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002)のことです。法案を提出した上院議員ポール・サーベンスと下院議員マイケル・G・オクスリーの2人の名前を合わせてサーベンス・オクスリー法と呼ばれ,さらに略して通称SOX法と呼ばれています。

SOX法の意味とは

SOX法は上場企業会計改革および投資家保護法と言う名称の通り,株式市場に上場している企業の会計を明確化し併せてその投資家を保護するために作られた法律です。日本では企業改革法とも呼ばれています。

SOX法の由来

SOX法は,2001年にアメリカで起こったエンロン事件や2002年のワールドコム事件などで問題となった粉飾決済を防止するために作られた法律で,2002年7月に成立されました。

SOX法の文章・例文

例文1.SOX法により投資家は保護される。
例文2.SOX法による内部統制
例文3.日本版SOX法の制定
例文4.SOX法の影響は?
例文5.SOX法への対応を確認する。
アメリカのSOX法の制定は日本の企業会計にも大きな影響を与えました。

SOX法の類義語

アメリカのSOX法制定により我が国日本でも同様の対応が検討され,日本版SOX法と呼ばれる法律があります。ただしアメリカのように新しい法律として制定されたのではなく,もともとあった金融商品取引法に企業の内部統制の基準を加えて改正して対応されました。日本では企業の内部統制の手段としてITの活用が特徴的です。

SOX法まとめ

エンロン事件はアメリカの企業の起こした事件ですが,その影響は全世界に及びました。グローバル経済の影響は一国に留まるものでは無く,全世界で考えなければならないことを示唆しており,日本でも企業会計の厳格さが問われています。日本版SOX法への対応は,各企業にとっては非常に大きな業務負担となるものですが,健全な企業経営と今後の投資家による経営資本の安定的な確保には,必ず必要であり重要なことです。またその法に定められた内部統制を実施するためのITシステムの開発・導入が必要となり,IT企業にとってはビジネスチャンスがそれにより創出されたという側面もあります。

この記事を読んでいる人に人気の記事