Sourcetree

皆さんはSourcetreeという言葉を知っていますでしょうか。エンジニアの間においてソースコードをバージョンを管理するにあたってGitというものが用いられるのが当たり前となっているこの現代ですが、Sourcetreeというものを使えば、GitをGuiで簡単に操作することができるのです。では、Sourcetreeはいったいどのようなものなのでしょうか。

Sourcetreeの意味とは

Sourcetreeとは、バージョン管理システムのGuiであり、_Git対応しているため、CuiでGitを操作するのがイマイチ苦手という人にはおすすめです。そもそもGitとは、複数人での開発におけるプログラムなどのソースコードを管理するためのバージョン管理システムのことです。バージョン管理を行うことによってどこでエラーやバグが発生したのかを簡単に見つけることができるのでとても便利なシステムです。これにより、複数人の開発でもし一人が誤って他のメンバーがプログラムの一部を消してしまったとしても修復することができるのです。Gitにおけるリポジトリというものは二つ存在します。一つは、ローカルリポジトリ。そしてもう一つがリモートリポジトリです。エンジニアは、まずローカルリポジトリを編集します。その後、リモートリポジトリにPushして反映させるのです。GUIなので操作を視覚的に行えるはSourcetree最大の強みです。

Sourcetreeの由来

SourcetreeはAtlassian社が提供するソフトウェアです。Guiなので操作を視覚的に行えるはSourcetree最大の強みです。

Sourcetreeの文章・例文

例文1.Sourcetreeを使うことにより、GitをGuiで操作する
例文2.Gitを使ったことがない人には、Sourcetreeはおすすめである
例文3.Sourcetreeを使ってコードの管理をわかりやすく行う
例文4.Sourcetreeで、Githubと連携する
例文5.SourcetreeはAtlassian社が提供するサービスです

Sourcetreeの関連語

Sourcetreeの関連語としては「Github」、「Gui」などがあげられます。

Sourcetreeまとめ

是非Sourcetreeを使ってみてはいかがでしょうか。Sourcetreeを使うことによりきっとコード管理が簡単になることでしょう。また、Guiは、一般的にCuiよりも操作がわかりやすいので誤ってコードを上書きしてしまうことも少なくなるでしょうし、使ってみても損はないはずです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事