SFAをイメージした画像

SFA(えすえふえー)

「SFA」という言葉をご存知でしょうか?あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、企業の営業活動における重要なシステムの1つで、近年このシステムを導入している企業が増加しています。今回は「SFA」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

SFAの意味とは

「SFA」とは、企業の営業活動において、顧客や案件といった情報や業務の活動報告などの営業部門が管理する情報をデータ化し、そのデータを分析することで業務の効率化を実現するというシステムのことをいいます。

SFAの由来

「SFA」とは「Sales」「Force」「 Automation」のそれぞれの頭文字をとった言葉です。
「SFA」が広まったきっかけは、現代の経済や市場において従来の「営業マンにしかできない営業」が問題視され、営業活動における様々な情報を誰が見ても理解できるように「標準化」「可視化」し、業務の効率化の実現が可能なことから導入する企業が増加しました。
また、「SFA」と類似しているシステムに「CRM」というものがあります。「CRM」は顧客の名前や年齢、買い物の履歴などの情報をデータ化して分析することで、顧客が求める商品やサービスを提供することができるシステムのことをいいます。
いずれのシステムも、導入するだけでは効果は得られず、適切な運用が必要です。

SFAの文章・例文

例文1.従来の「営業活動のノウハウは営業マンにしか分からない」といった属人的なものをSFAによって誰でも理解できるよう標準的なものにすることができる。
例文2.SFAは営業活動の進捗や顧客との関係性も可視化することが可能で、分析やフィードバックを行いやすくなった。
例文3.SFAを導入した結果、営業マン1人1人の受注獲得率があがった。
例文4.エクセルでは限界のある情報管理もSFAを導入することで効率よく管理することができる。
例文5.SFAを導入することで様々なコストを削減することが出来る。
非常にメリットの多いシステムで、導入する企業も年々増加しているようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

SFAの会話例

  • 質問者アイコン

    SFAを導入する企業が増えているようだね。

  • 回答者アイコン

    うん。でもSFAを導入しても効果が出ずにやめたという企業もあるみたいだね。

  • 質問者アイコン

    SFAは情報を入力して終わりではなく、その情報を分析して活用することで効果を発揮するシステムということを忘れないようにしたいね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。SFAを導入できるような環境も大事だね。

メリットをしっかりと理解したうえで活用していきたいですね。

SFAの類義語

「SFA」と関連する言葉には「CRM」があります。

SFAまとめ

今回は「SFA」について詳しくご紹介しました。
業務の効率化を実現するシステムは他にも多くあります。
目的に応じて適切なシステムを導入し運用することが望ましいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事