SESで働く女性

SES(System Engineering Service)

SESとは、システムエンジニアリングサービスのことであり、システムの開発、運用、保守などの業務を行うために技術者の労働を提供することです。委託契約の一部でもあります。IT業界でもよく耳にする言葉なので一度は、聞いたことがあるのではと思います。今回は、そんなSESについて使い方とともに説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

SESの意味とは

SESの意味とは、システムエンジニアリングサービスのことであり、システムの開発、運用、保守などの業務を行うために技術者の労働を提供することです。労働を提供するサービスの名前であり、今日多くのIT企業で行われています。

SESの由来

SESは、「System Engineering Service」の略語であり、頭文字をとったものとなります。

SESの文章・例文

例文1.SESを利用してサービスの保守、運用を行うことによってユーザーのサービス満足を実現する。
例文2.SESのサービスをで不足している労働力を補う。
例文3.システムの不具合がないか確認するため、SESで技術者の労働力借りる。
例文4.システムでは、個人情報を扱うことがあるのでSESで契約先の会社でシステムの保守を行う。
例文5.SESで客先に常駐して働くことになる。
これらからSESという言葉は、エンジニアの労働が提供される様子を表すのに適しています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

SESの会話例

  • 質問者アイコン

    今度、SESで契約先の会社で常駐して働くことになったんだ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだね。僕も契約先で働くことになったよ。君の業務内容はどんなものか聞いているかい。

  • 質問者アイコン

    うん。契約先の会社が運用しているシステムの保守を任せる予定さ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。お互いにこれからも頑張れるといいね。

これは、SESの技術者として契約先の会社で働く予定の人たちが話し合っています。

SESの類義語

SESの類義語には、「Sler」「委託契約」「客先常駐」などがあります。

SESまとめ

今日、多くのIT企業が存在し、IT業界で使われる言葉を耳にするようになったと思います。そんな中でSESはとても有名な言葉です。ビジネスシーンなどで言葉を知らないと恥ずかしい思いをしてしまうこともあると思います。これを機に覚えておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事