SEM

「SEM」と聞いてあなたはピンとくるでしょうか。「SEOなら聞いた事はあるけど、、、。」という方が大半ではないだろうか。
これもSEOと同じようにお客様を自社のサイトへと誘導するWEBマーケティングの概念の1つになります。では、SEMとはどういった意味なのか見ていきましょう。SEOとも密接に関わっているので、じっくり学んでいきましょう。

SEMの意味とは

SEMはSearch Engine Marketingの略語で、検索エンジンマーケティングと訳されます。ちなみにSEOはSerch Engine Optimizationの略語で、検索エンジン最適化を指します。
先ず大切な事として、SEOはSEMの一部であるという事で、検索エンジンを通した一連のマーケティングの中にSEOとリスティング広告というくくりがあるという事です。
そして、SEMのさらに上位概念として、いわゆるWEBマーケティングがあります。

SEMの由来

ネットの反映に伴い、検索エンジンが発展をしていきました。そして、各企業はしのぎを削って自社のサイトをライバルよりも上位に表示をさせようと施策を講じるわけです。
その際に、広告費を掛けずにサイトのコンテンツなどを作り込む事でクローラーに評価をされて上位に表示をさせようとする施策がSEOと呼ばれるものです。
それに対して広告費を掛けて上位表示を狙うのがリスティング広告と呼ばれるものです。それらの施策を巧みに組み合わせてより成果を上げていく事を目指すのがSEMと言えます。

SEMの文章・例文

例文1.SEMを理解するという事は、SEOとリスティング広告の両方を理解するという事である
例文2.月額の予算の中で何とか成果を上げるために、SEOとリスティングの施策を駆使して奮闘するSEM担当者
例文3.SEMをやるうえで、どちらか1つではなく、SEOもリスティングも両方出来たほうが良い
例文4.SEMを考えるうえで、料金のかかる施策だけでなく無料で出来る施策もガンガンやっていくべきだ
例文5.12月からSEM部に部署異動となったので、これからSEOやリスティングについて勉強をしていく必要がある
SEMの中で大きく二分されるSEO、リスティングはそれぞれを本当に深く学ぼうと思ったらきりがないくらいにボリュームがあります。
しかし概要だけでも理解出来れば簡単な改善策を打ち出す事は出来ますので、先ずは大枠を理解することが大切です。

SEMの類義語

SEMは専門用語ですので、これ以外の類義語はありません。ただし、SEOとリスティング広告との関係性をよく間違えがちなので、注意が必要です。

SEMまとめ

検索エンジンは知ろうと思えばきりがなく学ぶコトがあります。自身の中で何をゴールとするかを定めないとキリがないので、勉強を始める前に目標をハッキリさせておくことをオススメします。

この記事を読んでいる人に人気の記事