Salesforce(セールスフォース)

Salesforceとは、アメリカに本社をおくクラウドサービスを提供する会社のことです。Salesforceが提供している主なサービスは、顧客と企業を繋ぐソリューションシステムで情報をまとめて管理することができます。今回はそんなSalesforceについてサービスとともに解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

Salesforceの意味とは

Salesforceの意味するものは、アメリカに本社をおくクラウドサービスを提供する会社です。Salesforceが提供するサービスの具体例として、製品のデータを保存するだけではなく、お客様の情報や成約の管理、マーケティングや見積もりの自動化、顧客データの分析、業務の効率化など営業をするにあたって大変便利なサービスがあります。これらを利用することにより、コストを削減してより効率的に製品をお客様に提供することが可能になるのです。

Salesforceの由来

Salesforceの由来は、Salesforceが提供しているクラウドサービスが営業を支援するシステムであるからと言われています。

Salesforceの文章・例文

例文1.Salesforceが提供するSasSを利用することによってデータの可視化と分析を行ってもらい、業務効率をあげる。
例文2.データ管理にSalesforceが提供するクラウドサービスを導入することで顧客への効果的な営業を可能とする。
例文3.インターネットを利用したSalesforceのサービスは、顧客と企業のデータ管理にはもってこいである。
例文4.これまで根気強く行っていた営業もSalesforce社のサービスを使えば、時間を有効的に使うことができる。
例文5.Salesforceのサービスを使うことにより、顧客データの分析が進み、実際にどんな製品を顧客が求めているのか知ることができ、次の製品開発を計画的にすすめることができる。
これらからSalesforceは、多くのサービスを提供しています。サービスを利用することにより、業務の効率化を図ることもでき大変便利です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

Salesforceの会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば、先月からSalesforceのクラウドサービスを導入したんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうだったんだ。導入する前としたあとでは何か変化はあったかい。

  • 質問者アイコン

    そうだね。顧客データの管理がしやすくなってマーケティングを自動化してくれるからとても営業がしやすいよ。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。ターゲットが明確になれば営業はしやすいものね。

これはSalesforceのサービスを導入したときの様子です。

Salesforceの類義語

Salesforceの類義語には、「SasS」「CRM」「Customer360」「Zoho」などがあります。

Salesforceまとめ

IT企業に努めていれば、Salesforceという会社の名前をまた、Salesforceが提供しているサービスの名前を一度は聞いたことはある人も多いと思います。最近、Salesforceがslackを買収に向けて協議を行っているということがニュースになりました。話題になることがあるかもしれないのでこれを気にSalesforceについて是非覚えておいてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事