ROAS

ウェブに関わっているとROASという単語を耳にしたことがあるかと思います。
ウェブに限らず使える大切な経営指標ですので、これを機会に是非覚えて頂きたい単語です。
広告を配信するうえで最も大切な事は投じた資金がキチンと回収できるか=売り上げが上がるかという事だと思います。ウェブ業界の難しい用語をたくさん暗記するくらいでしたら、この単語をキチンと理解して、把握をしておくことの方がよほど成果につながります。

ROASの意味とは

ROASとは、Return On Advertising Spend(投資回収率)の略語です。つまり、かけた広告費用がいくらの売上に繋がったのかを表す指標です。計算式は非常に簡単で、売上÷費用×100%で求める事が出来ます。
例えば、50万円の広告費用に対してその広告経由で販売出来た売上が150万円であれば、150万円÷50万円×100%=300%となります。この場合は投資額の3倍額の売上が上がったことが分かります。

ROASの由来

ROASという概念自体は何も広告運用に限った事ではありません。例えばPCを導入しようとして5億円を投じて、回収出来た売上が100億円であれば、100億円÷5億円×100%=2000%という具合に使えます。
ただ、ウェブに限って言えば費用が掛かるのは広告費用になりますので、かけた広告費用に対してどのくらいの売上を確保できたのかという意味になります。

ROASの文章・例文

例文1.ROASを把握しなければ投資先を決める事はそもそも出来ない
例文2.ROASを把握せずに広告費用だけ投じてもお金の無駄になってしまう
例文3.キチンとROASを意識することで効果的な費用かどうかを判断できる
例文4.Googleのディスプレイ広告のROASが悪いので、差し止めてYahoo!に寄せてみよう
例文5.ROASの成果が良くないので、何かコンバージョンをあげる施策を打とう
広告費用は無限にはありません。当然ながら売上につながるものだけを残す必要があるので、成果にこだわるのであれば絶対に把握しておきたい指標です。また、決して広告に限った話ではないのですべての投資対象に関して意識をしたい指標です。

ROASの類義語

ROASの類義語としては、ROIというものがあります。これは(売上ー費用)÷費用×100%という計算式で求める事が出来ます。ROASは売上が費用を上回っているかどうかを示す指標であり、ROIは最終的な利益が費用を上回っているかどうかを示す指標となります。

ROASまとめ

いかがでしょうか?広告運用に限らず何か投資をしようと思ったらROASという視点は非常に重要になってきます。是非、今後お金を使う前に少し立ち止まって効果を考えてみてください。

この記事を読んでいる人に人気の記事