RFIDとは、電波を使い物品や人物を自動的に識別するための技術

RFID(アールエフアイディー)

RFIDは、「読み取り装置」「タグ」の間で電波の一種である電磁波を交差させ、情報を書き換えたり情報を読み取ったりするシステムの事をいいます。
この「RFID」について解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

RFIDの意味とは

RFIDとはRadio Frequency IDentificationの略で、電波を用いた通信・認証技術の総称の事です。
記録媒体であるICタグ(RFIDタグ)に登録された情報を、無線電波によって接触することなく読み書きする仕組みの事です。
噛み砕いて説明しますと、スキャナーから電波を発し、タグ情報を読み取ることで商品を認識することが可能なシステムです。
通常のバーコードスキャナーではタグを一枚ずつ読み取らなくちゃ商品を認識できません。
RFIDでは、その必要はなく無線電波がタグ情報を読み取れる範囲であれば複数の商品を同時に認識する事が可能なのです。

RFIDの由来

RFIDは、1980年頃に電子的なメモリーを非接触で更新する技術として欧米で始まった比較的に古い技術です。

RFIDの文章・例文

例文1.RFIDを使い情報を読み取る
例文2.RFIDタグの通信の安定性を向上させる
例文3.RFIDタグの動きを追跡する技術を提供することを目的とする
例文4.多数のRFIDタグ装置との間で適切に通信を行えるようにする
例文5.製品の信頼性の向上されたRFIDタグ及びそれを有するRFIDシステムを開示する
RFIDを導入する事によって信頼性・顧客満足度向上に繋がっていきますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

RFIDの会話例

  • 質問者アイコン

    RFIDを導入すると、どんな効果が生まれますか?

  • 回答者アイコン

    たくさんありますよ。例えば、セキュリティレベル向上や製造工程のスピードアップ・問題発生時の迅速な対応が可能になったり!

  • 質問者アイコン

    良いこと尽くめじゃないですか!

  • 回答者アイコン

    でも、導入費用が高いというデメリットがあるのよね。

RFIDには、それぞれメリットとデメリットがありますが、導入して管理のルールを設けられれば、メリットをひとえに受けられるシステムなのです。

RFIDの類義語

RFIDの関連用語としては、「パッシブタグ」があります。
RFIDシステムにおける無線ICタグのうち、電池を内蔵しないもののことを指します。

RFIDまとめ

メリットがあればデメリットもありRFIDも例外ではありません。
「バーコードに比べてコストが高い」「読み取り精度が環境によっては下がってしまう」「管理意識にスキが生まれやすい」「無線LANとの干渉」など
RFIDを導入する上で課題は多く残されていますが、やはり得られるメリットは大きいのが事実です。ですので、導入課題と向き合う価値は十分あると思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事