PPC

皆さんはPPCという言葉を聞いた事はあるでしょうか?今やWEBを扱うスキルの有無が企業の生死を分けると言っても過言ではない時代。特に広告運用の知識があるかないかで得られる結果は大きく異なります。もちろんそのすべてを理解するのは不可能ですが、少なくとも基礎・基本は押さえておきたいものです。

PPCの意味とは

PPCは英語の「Pay Per Click」の略で、「クリック課金型」を意味しています。雑誌などの紙媒体メディアが「掲載面に課金」が必要なのに対し、インターネットでは「掲載は無料。クリックに課金」というスタイルが主流です。

PPCの由来

PPCはインターネットの発達と共に進歩してきました。従来の掲載したら課金というモデルではなく、成果に対してのみ課金が発生するという仕組みが話題となり、瞬く間に世の中に広まっていきました。今ではネット上の広告が新聞広告やCMなどの従来の広告手法にとって代わっていくスピードが恐ろしいほど早くなっています。

PPCの文章・例文

例文1.今や広告の主要媒体は新聞やTVではなく、Web上のPPC広告だ。
例文2.PPC広告にはGoogle、Yahoo!などいくつか種類がある。
例文3.PPC広告は多数の種類が存在するため、全てを理解するのは非常に骨が折れる。
例文4PPC広告の理解なしにネットの運用は語れない。
例文5.成果に対してのみお支払いが発生するため、PPCは非常に人気である。
PPCという言葉はあまり馴染みがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、今後は必ず出てくる重要キーワードですので、ぜひ覚えていってください。

PPCの類義語

最近耳にすることも多い「リスティング広告」と間違える方がいますが、厳密には少し違います。リスティング広告というのは検索したキーワードに対して配信される広告を指します。一方でPPC広告はクリック課金制の広告全てを指すため、リスティング広告やバナー広告など幅広い広告の事を網羅しています。

PPCまとめ

今ではPPC広告もLINE、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSやO2Sと呼ばれる新しい店舗誘導型の広告が出たりと多岐にわたります。その中から何を選ぶかについてはやはりある程度専門家の意見を聞く必要はありますが、基本的な知識がなければ話を聞いてもチンプンカンプンです。
これからの時代は完全に外注にまかせるのではなく、広く浅くでもその分野の事を理解している人間が勝利していきます。

この記事を読んでいる人に人気の記事