PLP(Preferred Landing Page)

「PLP」とは「ネット検索において利用者に上位サイトを表示させる優先的ランディングページ、又は顧客へのサポート体制として長期間に渡り製品を供給するプログラム」です。ITやビジネス現場、又はそれ以外の分野でも「PLP」は様々な意味を持つ略語として多岐に渡って使用されていますが、主に代表となるのがこの2つになります。

[adstext]
[ads]

PLPの意味とは

「PLP」の意味は以下の通りとなります。
 (1)webサイトの検索エンジンにおける「優先的ランディングページ」を意味する「Preferred Landing Page」の頭文字からなるIT用語。
 (2)自社製品における顧客へのサポート対策として、長期製品供給プログラムを意味する「Product Longevity Program」の頭文字からなるビジネス用語。
「PLP」はビジネス系専門用語として主に上記2つの意味があります。一つはGoogleなどの検索エンジンでページ上位にサイトを表示させる事を「Preferred Landing Page」と言い、その頭文字の略語からなるのが「PLP」です。企業としては検索結果の上位に表示されるのが望ましく、その為に自社管理だけでなく専門スタッフなどを雇い「PLP管理」に努めています。「PLP」に取り組まないと欲しい情報が検索結果の上位に表示されないので、ネット社会の現代としては必然の対策になります。もう一つは工場の製造現場などで使用される専門用語としての「PLP」で、こちらは「長期製品供給プログラム」の英語表記「Product Longevity Program」の頭文字からなる略語です。例えば自動車の関連部品は顧客がメンテナンスとして長期に渡って求める事が多々あるので、その対応に長期間の生産計画を立てるのです。現状では最低10年間の製品供給を確保しているので、中古車を購入しても部品交換で問題が起こらないのです。因みに他にも医療用語や専門機器などの略語としても「PLP」は使用されているので、今回のビジネス用語と混乱しないように注意をする必要があります。

PLPの由来

「PLP」の由来は残念ながら不明ですが、ITやビジネス分野では2010年代後半頃から使われるようになりました。

PLPの文章・例文

例文1.ITエンジニアとしてPLPを管理するのが現在の仕事だ。
例文2.PLP機能を充実させてSEO対策を図っているが、今一つ結果には繋がらず頭が痛い。
例文3.クレーム対応として長期供給プログラムのPLPがあるからと、一先ずはお客さんに納得してもらった。
例文4.PLP対応製品は10年間の供給が基本となっている。
例文5.今後はGoogleなどの検索エンジンだけでなくSNSでもPLP対応のようなシステムが当たり前になるだろう。
「PLP」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

PLPの会話例

  • 質問者アイコン

    取り敢えず…、今週中にはPLP対策をある程度は片付けないと…。

  • 回答者アイコン

    それは可能なんですか?

  • 質問者アイコン

    可能とか無理じゃなくてやるしかないんだよ、ITエンジニアとして。学生じゃないんだから…、それぐらい分かるだろう。

  • 回答者アイコン

    すみませんでした(嫌な先輩…)。

IT職場の先輩と後輩の仕事内容の会話となります。

PLPの類義語

「PLP」の類義語には、IT用語として「LPO(ランディングページ最適化)」などの言葉が挙げられます。

PLPまとめ

「PLP」はIT用語としてSEO対策に求められるwebサイトを優先的に表示させる「Preferred Landing Page」、ビジネス用語としては製品の長期間供給プログラム「Product Longevity Program」の略語となります。これら以外にもビジネス現場や他の分野でも「PLP」という略語は多く使われています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

Checkmateのサービスを紹介する広告です。
この記事を読んでいる人に人気の記事