OKRを導入した会議

OKR(オーケーアール)

近年、IT企業が発展し、会社の新しい働き方や組織管理方法について見直しがされています。その中でも、GAFAと呼ばれ、世界に絶大な影響を与えているGoogle、Apple、Facebook、Amazon。そのうちの2社が取り入れている目標設定・管理ツールのOKRについて解説していきます。

[adstext]
[ads]

OKRの意味とは

OKRとは目標の設定・管理方法のひとつで、“Objectives and Key Results”(目標と主要な結果)の略称です。
OKRはアメリカのインテル社で誕生し、今ではGoogle、Facebook、メルカリなど大手企業も取り入れている事で、近年注目されています。

OKRの由来

OKRは、“Objectives and Key Results”の頭文字を取ったものです。OKRの導入にあたって、大きく2つの目的があります。一つ目は、チームで合意した目標を作る事。二つ目は、チームで目標達成のために、改善しながら行動し続けることです。
OKRは従来の計画方法に比べて高い頻度で設定、追跡、再評価し、また、すべての従業員が同じ方向(目標)を向いて、明確な優先順位を持ち、一定のペースで計画を進行します。
そのため、従業員のモチベーションも上がり、仕事が効率化されていくため、会社にとっても、従業員にとってもプラスになるとされています。

OKRの文章・例文

例文1.スタートアップ企業もOKRを導入してきている。
例文2.会社の生産性を上げるにはOKRが必要だ。
例文3.OKRを導入することで、会社の利益が上がった。
例文4.OKR導入して、明確な仕事の目標が持てるようになった。
例文5.働き方改革をしようと思い、会社にOKRを導入した。
OKRによる働き方改革が行われている企業もあり、今後も注目するところです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

OKRの会話例

  • 質問者アイコン

    社長がOKR導入してみたいけど、なんか難しそうだな。

  • 回答者アイコン

    大丈夫!初めは目標をシンプルに設定して始めることが大事だよ。

  • 質問者アイコン

    そうか。まずはシンプルに初めて、慣れていけばいいのか!

  • 回答者アイコン

    そうなんです。これでみんなが働くことにやりがいをもっと持てたらいいですね。

これから導入しようとする会社では、会話例のようなこともあると思います。働くことにやりがいが持てるようになったらいいですね。

OKRの類義語

OKRの類義語として、「KPI」「MBO」が挙げられますが、内容としては多少異なります。OKRは、社員が目標・結果設定やプロセスなどを共有し、お互いにコミュニケーションを密にしていくところが特徴です。

OKRまとめ

OKRについて話してきましたがいかがでしょうか?近年では、働き方改革で様々な取り組みをする企業がたくさんあります。もし、新しい会社の働き方やチームでの働き方を模索している段階であれば、参考にしてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事