Node.jsは開発において重要

Node.js(のーどじぇいえす)

皆さんはNode.jsという言葉を聞いたことがあるというでしょうか。Javascriptを使ってサーバー側も制御できることから注目を集めているNode.jsですが、一体、Node.jsとはどのようなものなのでしょうか。Node.jsの使われている環境や意味、由来についてもわかりやすく説明をしていきます。

Node.jsの意味とは

Node.jsを一言で表すと、サーバーサイドのJavascriptです。Node.jsの一番の強みは、Javascriptは普段ならブラウザで動的な動きをつけるためなどに利用される言語ですが、サーバーサイドでも利用できるという点です。つまり、普段からJavascriptを使って開発している人にとっては、ぐんと学習コストが下がり、サーバーサイドも制御できるので合わせて使ってみようという試みが生まれ、作業効率も飛躍的にアップします。Node.jsはメモリ消費も少なく、とても処理が早いのも魅力の一つです。また、大量のデータの処理もすることができます。それに加えて、Node.jsはWebサイト、アプリケーション、もちろんサーバー構築もできますし、ゲーム開発などもできるのです。Node.jsは用途に合わせて幅広く使えることから人気を集めているのです。

Node.jsの由来

Node.jsはグラフ理論のノードが由来となっているそうです。また現状では多くのサーバ側の開発に利用されており、エンジニアになる上ではしっかりと覚えておきたいところです。

Node.jsの文章・例文

例文1.Node.jsはJavascriptの開発環境である
例文2.Node.jsを使って、サーバ側の開発をする
例文3.Node.jsでJavascriptのプログラミングをしてサービスを開発する
例文4.Node.jsを使ったサーバー構築のプログラムを確認して、デバックを行う
例文5.Node.jsを使ってWebシステムを構築からリリースまで一貫して行う
Javascriptでサーバーサイド開発ができることが特徴であると言えます。

Node.jsの会話例

  • 質問者アイコン

    Javascriptの勉強をしたものの、サーバーサイドでは生かせないのが辛いな…

  • 回答者アイコン

    それなら、Node.jsを使ってみたら?

  • 質問者アイコン

    それを使ったらどうなるんだ?

  • 回答者アイコン

    サーバーサイドのJavascriptと考えたらいいかな。だから、サーバサイドでも利用できるわ。

Javascriptを勉強している人なら、この開発環境が現れたことでいろいろできることが広がるのではないでしょうか。

Node.jsの関連語

Node.jsの関連語としては「Javascript」、「PHP」、「Python」、「Ruby」、「Java」、「C#」、「C++」、「C⾔語」などがあげられます。

Node.jsまとめ

Node.jsでは、比較的簡単にサーバ側の設定や開発が可能です。Node.jsを使うことによってスムーズに開発を進めることができるでしょう。その為現在では多くの開発環境下で使われています。もちろんエンジニアの世界は日進月歩で日々進化をしていますので、常に勉強を怠らずにスキルアップに努める事が重要です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事