#MeToo

女性を巡る問題は色々なものがあり、特に現代では様々な活動がSNSなどで可視化されてきており活発になってきています。中でも最近SNSなどで活動が広まっているものに#MeTooというものがあります。こちらはTwitterでの発言に付けるハッシュタグとなっていますが、主に女性がセクシャルハラスメントを受けたことを告発するという形式で、様々な女性が声を上げる際の手助けとなっているのが特徴です。

#MeTooの意味とは

#MeTooの意味ですが、言葉の意味合いだけを考えると「私も同じです」というものになります。これはセクシャルハラスメントを受けたことに講義する団体が使い始めたことから段々と広まり、告白や共有をする際にこのハッシュタグがTwitterなどで使われています。もちろん告白や共有だけではなく、海外ではこれらのセクハラに対する正統的な抗議や告発という意味合いが強く、市民運動としても活発になってきているジャンルです。日本においては欧米と比べるとまだまだ意味合いが安定していない様子もありますが、政治家などのセクハラ疑惑などの追求などにこの#MeTooが使われました。

#MeTooの由来

21世紀になって女性の権利に関する運動は色々な面から行われてきましたが、実際に#MeTooという言葉が広まったのは2017年にアメリカで起きた映画プロデューサーのセクハラ疑惑の追求や告発が多発した時期とされています。張本人である映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインを巡っては、有名女優のアリッサ・ミラノがTwitter上で#MeTooを使い、数多くの女性に対してセクハラに対して立ち上がり意見を述べるように呼びかけました。この運動から全世界的に大きく広まり日本でも現在では色々な面で使用されています。

#MeTooの文章・例文

例文1.21世紀の女性運動を占う#MeToo
例文2.セクハラだけではなくパワハラにも関係してくる#MeTooの存在
例文3.#MeTooを巡る報道はより過激になる可能性に気をつけるべきだ
例文4.アメリカ大統領も懸念している#MeToo運動の行方
例文5.政治家のセクハラを巡る#MeToo運動
女性の権利を巡る言葉として最近は特に良く#MeTooという言葉が使われるようになりました。一般人においても使われますし、有名人や政治界隈などでもこれらの#MeTooを巡る運動は今後色々な面で活発になってくるでしょう。

#MeTooの類義語

#MeTooは主にセクハラ被害の告発がメインとなっており、これらの撲滅に当たる運動などは欧米ではタイムズアップ運動という言葉が使われています。

#MeTooまとめ

このように21世紀になってから女性の権利を巡る運動は活発になってきており、セクハラに対する告発の運動として#MeTooは現在でも色々な方面で使われています。これらを広めたのはSNSという大きな発信ツールの存在が大きく、個人でもメディア的な発言が容易に出来る時代を象徴しています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事