MACアドレス

私たちが利用しているコンピュータにはMACアドレスというものが一意につけられています。これはIPアドレスがパソコンの住所に対して、MACアドレスは住人の名前と考えてもよいでしょう。郵便を送るには住所の他に名前が要るように、ネットで通信するにもIPアドレスとMACアドレスが必要なのです。

MACアドレスの意味とは

MACアドレスはネットワークインターフェースというインターネットにコンピュータを繋ぐための機器に識別番号として与えられ、48bitの長さが与えられ、表現には、オクテット(8バイト)区切り16進数表現が用いられています。先頭3オクテットがベンター番号、後ろ3オクテットが製品番号です。したがって先頭3オクテットでどのメーカーのネットワークインターフェースカードが判別することができます。

MACアドレスの由来

Media Access Control address の略であり、1980年にDEC、インテル、ゼロックスの3つの企業が共同で普及させた汎用LAN規格です。OSI参照モデルのレイヤ2にあるMACアドレスにより、ノード間の通信が行い、レイヤ3のIPアドレスで目的の相手へパケットを届けることができます。これ仕組みでインターネットが成り立っているのです。

MACアドレスの文章・例文

例文1.通信を行うにはMACアドレスを知る必要がある。
例文2.MACアドレスでノード間の通信を行う。
例文3.通信技術にMACアドレスは不可欠だ。
例文4.MACアドレスは誰とも被らない。
例文5.MACアドレスは重要な役割を持っている。

MACアドレスの類義語

MACアドレスの関連語としては「IPアドレス」などがあげられます。

MACアドレスまとめ

MACアドレスは通信を行うには不可欠な要素です。普段ブラウジングを行う上では一切目にしないですが、見えないところでMACアドレスは重要な役割を担い、これがなければ通信ができなくなってしまうでしょう。このように、コンピュータ、インターネットには普段目には触れない様々な機能があり、それのおかげで私達がインターネットを利用することができているのです。

この記事を読んでいる人に人気の記事