MaaSとはサービスとしての移動という意味です。

MaaS(Mobility as a Service)

最近急激に盛り上がりを見せる「MaaS」。インターネットの普及により生活のあらゆる面がつながって変革を遂げつつある中、MaaSはその代表格の1つともいえる概念となりつつあります。実現されれば、私たちの生活全体に大きな影響を及ぼすMaaS。この記事では、MaaSとは何か?どんな意味を持つのか?についてみていきます。

MaaSの意味とは

MaaSとは通常「マース」と読みます。これは「Mobility as a Service」の略。意味は「サービスとしての移動」です。
MaaSは電車・バス・タクシーなどの公共機関やカーシェアリング・ライドシェアなど、自家用車を除くあらゆる交通手段の利用・決済を1つにまとめて利用できるという交通における新しい概念です。
今までは鉄道会社・バス会社・タクシー会社・自分の車など、あらゆる交通手段をそれぞれ別個に利用しつつ、料金も各運営会社に支払っていました。MaaSはそれらの別々の交通手段を1つのアプリで利用・決済まで行えるようにします。
自家用車は自分で行きたいところに行ける非常に便利な交通手段ですが、同時に渋滞の問題、使用していない時は駐車場にて一定時間場所を占有してしまうなど多くのデメリットをもたらしました。
最近は自家用車に興味を示さない若者たちも増えてきている中、あらゆる交通手段をシームレスにつなぎ、ドア・トゥー・ドアで移動できるようにしてはどうかという発想が生まれました。車さえも自動運転によるカーシェアリングやオンライン配車サービスによりそこに組み込まれます。
現状では実験的な導入が多いですが、今後の展開に注目されています。

MaaSの由来

MaaSの由来はもともと2014年ごろにフィンランドがはじめたプロジェクトです。フィンランドではいち早くWhimというMaasシステムを自国に導入しています。また、台湾などでも実験的にMaaSのシステムを取り入れています。

MaaSの文章・例文

例文1.MaaSの概念によって、クルマ業界に激震が走っている
例文2.MaaSの完成形はいつごろになるだろう
例文3.日本にもいよいよMaaSが上陸か
例文4.MaaSはまだまだ改良の余地が多い
例文5.MaaSといかに協力体制を作れるかがカギだ
特にクルマ業界においてはMaaSの概念は大きいものです。今後、クルマ業界がMaaSとどのようにかかわっていくのかが注目されます。

Maasの会話例

  • 質問者アイコン

    Maasが導入されたら、電車の定期券も買わなくてよくなるのかな?

  • 回答者アイコン

    今はまだ実験的に導入されてるから、すべての料金をアプリで支払えるわけではないみたいよ。まだ運営会社によって支払い分ける必要があるらしいわ。

  • 質問者アイコン

    バス、電車、タクシー、レンタカー、すべてがMaaSに協力するのには時間がかかるように思うけれど。

  • 回答者アイコン

    都市的、あるいは国家的な参入意志が必要になるわね。

あらゆる交通手段を一つにまとめるには、大きな協力体制を築かなければ到底実現できません。日本でMaaSが本格的に始まるのはいつ頃になるのでしょうか?

MaaSの類義語

Maasの類義語としては、先進的にフィンランドが導入したシステム「Whim」などが挙げられます。ただし、これはMaaSの概念を利用したシステムなので、今後各国に最適化された様々なアプリ・システムが開発されていくことでしょう。

MaaSまとめ

ここまでMaaSについて見てきました。
MaaSの実現化によって、社会は大きく変わります。渋滞や駐車場問題などのデメリットが減り、交通がスムーズになる日も近いかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事