M&Aで事業を加速させる

M&A(エムアンドエー)

少子高齢化や職業の選択肢が増えたことにより、中小企業が人手不足であることをご存知でしょうか。人が居ないということは後継者が居ない場合が多く、将来会社を経営していくことが難しいので廃業してしまう中小企業も少なくありませんでした。廃業してしまえば今までの功績や技術は無くなってしまいます。近年ではM&Aによって、別の形で会社を残しておくことが出来るようになってきています。今回はM&Aについてご紹介していきます。

M&Aの意味とは

M&AのM (mergers)は直訳すると会社や事業の合併と合同を意味します。A (acquisitions)は直訳すると買収を意味し、Mergers and Acquisitionsを略したものです。いくつもある会社をひとつに集約して合併すること、ある会社が他の会社の株を購入することにより経営権を得る買収を意味することです。M&Aを行うことによって新たな風が吹き、今までと違う観点から新しい挑戦ができるなど企業にとってメリットがあります。買収される側は経営に苦しい状態などから一部売却をすることが多い傾向です。

M&Aの由来

M&Aとは英語から誕生した言葉ではありますが、日本とアメリカの考えは大きく異なります。日本で会社を売りたいと言う場合には、何か悪いことがあったのではないかとネガティヴなイメージを持ってしまいがちなので売る際にも大きく売りますとは言いません。一方でアメリカの場合は、売却は新しい仕事を始めるきっかけという前向きなイメージなので売りたい場合にも大きな声で言うことが出来ます。オープンな価値観のアメリカは、日本に対してM&Aの情報が豊富です。

M&Aの文章・例文

例文1.M&Aは経営戦略として大事な方法だ
例文2.祖母の会社は経営が困難だったが、M&Aによって継続することが出来た
例文3.M&A戦略の中で敵対的買収は全てが悪いわけではない
例文4.M&Aによって新しい技術を生み出せた
例文5.来年度からM&Aによって社風が変わってしまうので社員が困惑している
M&Aにはメリットもデメリットも存在するので、双方を理解した上で判断をする事が重要です。

M&Aの会話例

  • 質問者アイコン

    この会社、最近業績不振すぎる…どうしようかな。

  • 回答者アイコン

    大変よ!この会社、A会社からのM&Aの話に乗るって!

  • 質問者アイコン

    なんだって?それは本当かい?

  • 回答者アイコン

    もうかなり話がまとまっているらしいわよ。

会社の業績不振によるM&Aについて話し合う二人でした。

M&Aの類義語

関連語として挙げられるのは「TOB (take over bit)」で株式公開買い付けです。TOBは会社を買収するひとつの方法とも言われています。また「シナジー」はM&Aには欠かせない相乗効果という意味を用いています。

M&Aまとめ

私たちの身近な場所でもM&Aは多く、コンビニのファミリーマートがサンクスと経営統合したことによって、コンビニ業界でファミリーマートは、3位から2位へランクアップしました。また世界的有名なディズニーがマーベルを買収したことによって、海外のディズニーランドではマーベルエリアやグッズを用いたビジネスが話題になりました。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事