LPWA(Low Power Wide Area)

「LPWA」とは「消費電力を抑えた遠距離通信技術で、IoT分野の今後を担う次世代通信」です。通信の世界は日進月歩でどんどん新しいサービスや技術が展開されますが、高速通信で大容量を送るのとはまた違う通信技術として注目を集めているのが「LPWA」です。要は日常生活から仕事やサービスなどを全てネットワーク化するには欠かせられない通信システムで、今後はさらに普及すると期待されています。それではより詳しい解説となります。

[adstext]
[ads]

LPWAの意味とは

「LPWA」の意味は以下の通りとなります。
(1)「Low Power Wide Area」の頭文字からなる略語で、消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信技術の事。
(2)IoTプラットフォームに関連する用語で、省電力で長距離通信に適した新技術。
省電力を意味する「Low Power」、広域エリアの「Wide Area」を合わせて頭文字からなる略語が「LPWA」で、主に通信インフラ事業やIoTプラットフォームに絡めて使われる専門用語であり、文字通り「省電力による長距離通信を目指す技術」となります。最大伝送速度は約100bps、伝送距離は最大50Kmとスマホなどで主流となる「5G」と比較するとかなり見劣りしていますが、それでもこの通信システムは最近注目を集めているのです。日常的に使われる通信規格にはパソコンやスマホなどで使われる「5G」「Wi-fi」「Bluetooth」「NFC」などがありますが、同じ様な位置付けになるのが今回の「LPWA」なのです。これらの違いとしては、「5G」は現状では最も高速通信と遠距離通信が可能となり、次に「Wi-fi」「Bluetooth」という順番になり、「LPWA」は遠距離通信や低電力に特化していますが通信速度は遅くなります。すると使い道が少ない気もしますが、物流や農業などそこまで高速通信を必要しない現場では大変重宝され、要はこれまであまり役立たないや重要視されてこなかった様々な情報を全てデータとするには、極めて省電力でコストを安くするのが最優先なのです。またIoTプラットフォームでパソコンやスマホ以外の日常生活の家電や車やバッグに靴などあらゆるものを繋げるのに最も適した技術が「LPWA」で、これこそ未来の生活に必要不可欠なのです。因みに「LPWA」にネットワーク(Network)を合わせたのが「LPWAN」(読み:エルピーワン)、「LPWA」の種類には周波数違いなどによって「LoRa」「SIGFOX」「NB-IoT」などが存在します。

LPWAの由来

「LPWA」の由来は残念ながら不明ですが、IoTとほぼ同時期の2000年前後からIT業界や新しいデジタル技術として使われるようになりました。その後は少し扱いが少なくなった時期もありますが、近年は再び注目技術として脚光を浴びています。

LPWAの文章・例文

例文1.LPWAを新しいビジネスチャンスとしているIT企業も相当多いだろう。
例文2.今後は街中のゴミ箱にもLPWAが組み込まれて、満杯になったら管理者に連絡が入るといった活用がされる。
例文3.LPWAは低コストとされるが、それでも無限の様に溢れる様々な物につければ結局はコスト増となるのでそこが課題である。
例文4.LPWAを見れば、結果的に今後も通信技術やサービスは安泰という事だ。
例文5.動物にLPWAが組み込まれれば、生態調査でも著しく飛躍するだろう。
今後への期待感として「LPWA」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

LPWAの会話例

  • 質問者アイコン

    それにしても通信技術はどこまで発展するんだろうな?

  • 回答者アイコン

    スマホの5Gとかも凄いよね。大容量の映画とかも一瞬でダウンロードできるって言うしね。LPWA

  • 質問者アイコン

    本当だよ。その内、人体移動や瞬間移動も可能になるんじゃないか?

  • 回答者アイコン

    それは無理でしょう。でもLPWAが本格導入されたら、物流や農業なども変わってくるでしょうね。

新しい通信技術に期待する男女の会話となります。

LPWAの類義語

「LPWA」の類義語には、「3G」「Wi-Fi HaLow」「Wi-SUN」などの言葉が挙げられます。

LPWAまとめ

「LPWA」は低電力や長距離通信を可能とする通信技術で、今後はIoT分野で幅広く使われるとして注目を集めています。高速通信では「5G」や「Wi-fi」に劣りますが、日常生活の様々な物や物流に農業などをネットワークで結ぶ事でデータ収集が容易となり、今後のビッグデータとしても無限の可能性を秘めています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事