Loopは地球環境を考えたビジネスモデルだ

Loop(ループ)

Loopとは、リユース可能な耐久性のあるパッケージによる循環型リユースビジネスモデルであり、飲料や化粧品の容器を再利用するプロジェクトのことを意味します。サスティナブルな社会実現の為に、「Loop」は今後必ず注目されてくるでしょう。それでは「Loop」の意味や由来、類義語などを交えて、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

Loopの意味とは

Loopは、リユース可能な耐久性のあるパッケージによる循環型リユースビジネスモデルのことを指しています。日本でもこの考えは既に広がりつつあり、アメリカのテラサイクル社が行っている「Loop」事業に日本の大手企業(味の素、I-ne、イオン、エステー、大塚製薬、キッコーマン、キヤノン、キリンビール、サントリー、資生堂、P&Gジャパン、ユニ・チャーム、ロッテ)の13社が参画する事になり、今後さらに日常で目にする事になるのではないでしょうか。

Loopの由来

Loopは、輪や輪の形をしたものを意味しており、そのことから物事が繰り返すこと様子も意味します。リユースは繰り返し利用することですので、そのことからLoopという名前がビジネスモデル名として使われるようになったのでしょう。

Loopの文章・例文

例文1.ごみを出すという概念を振り払ったLoopというプロジェクトの今後に期待が寄せられる。
例文2.Loopは再利用してごみを出さないということだけでなく、パッケージのデザイン性もよいことが知られている。
例文3.パッケージのリユースをするLoopの試験運用で容器の耐久性を確かめる。
例文4.環境に配慮するLoopという取り組みに消費者として参加することは環境保全に繋がると信じている。
例文5.いくつかの日本企業は、Loopのために開発されている容器の利用を検討している。
このようにLoopという言葉は使われています。ごみを出さないリユースをビジネスモデルとして確立しているLoopは素晴らしいですよね。是非興味が持ったらこの取り組みに参加してみるのよいでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

Loopの会話例

  • 質問者アイコン

    容器をリユース、再利用するLoopという事業を君は知っているかい?

  • 回答者アイコン

    初めてLoopという言葉を聞いたよ。どんなものなんだい?

  • 質問者アイコン

    容器を回収して再利用するプロジェクトらしいんだ。リサイクルしているものも今後リユースしていけたらより環境への配慮ができると思わないかい?

  • 回答者アイコン

    確かにそうだね。わざわざ再加工する必要もなくなるわけだからね。

Loopは、リユースすることもそうですが、容器のデザイン性にもこだわり、より多くの人が使ってくれるよう試みています。世界の国で今後使われるようになるかもしれません。是非Loopという言葉を知っておくとよいでしょう。

Loopの類義語

Loopの類義語には、「テラサイクル」「リサイクル」「リユース」「リデュース」などがあります。

Loopまとめ

テラサイクルジャパンが行うLoopでは容器の配送と回収を行い、洗浄までを行うそうで今後製品を目にすることも増えていくかもしれません。Loopという言葉を耳にしたときに意味を知っておけると便利でいいですね。是非これを機に覚えておきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事