LooCipher(ルーサイファ―)

「LooCipher」とは「身代金をビットコインで要求する新型ランサムウェアの一種」です。これだけPCやスマホが普及すると、企業だけでなく個人レベルでもウイルス感染で操作が出来なくされた人も多いと思います。最近は実在の買物サイトそっくりにしたりクレジットカード会社からのメールに偽装するなどやり口が巧妙なので、油断すると本当に騙されてしまいます。そんなネット犯罪から云わば古典的なランサムウェアによる身代金要求をする「LooCipher」の解説となります。

[adstext]
[ads]

LooCipherの意味とは

「LooCipher」の意味は以下の通りとなります。
(1)ウイルス感染したパソコンやスマホのファイルを暗号化し使用不可能な状態にして、相手から身代金をビットコインで支払うよう要求するランサムウェア
(2)PCやスマホを使用不可能にするランサムウェアの一種で、マイクロソフトワードなどのファイルを使って不特定多数に配信され、被害者はビットコインでの身代金支払いを要求される。
「LooCipher」は2019年頃に登場し現在も猛威を振るうランサムウェアの一つで、他のランサムウェアと同様に不特定多数のPCやスマホをウイルス感染させ、使用不可能にした上で被害者から身代金を要求します。「LooCipher」の特徴としては、メールやアプリなどを経由してマイクロソフトのオフィスソフトであるワードファイルを相手に開かせてウイルス感染させPCやスマホの操作を不可能にし、解除したければ暗号資産であるビットコインで身代金を支払うよう迫ります。被害者は本来なら専門業者などに相談をするべきですが、様々な事情から身代金を支払ってしまう人も少なからずいます。しかし、身代金を支払ってもPCやスマホが復旧しないのが典型的な手口で、仮に一時的に使用可能となってもウイルスがまだ組み込まれているので、再び狙われてしまいます。「LooCipher」は新型ランサムウェアとされ、ビットコインでの要求からも世界全体の様々な企業や個人が被害に遭っていますが、コンピュータセキュリティ企業「マカフィー」は既に対策済みでデータ復元に自信を持っています。

LooCipherの由来

「LooCipher」は2019年頃から存在が確認されたランサムウェアの一種です。”Loo”はイギリスのスラングで「トイレ」「便所」、”Cipher”は「暗号」「ゼロ」「アラビア数字」「取るに足りない人」といった意味で、それを合わせた造語になります。

LooCipherの文章・例文

例文1.最近日本でも医療施設を狙われたサイバー攻撃も多いが、個人的にはLooCipherによるものではないかと思っている。
例文2.法律や規制にセキュリティ対策をしても、犯罪集団がランサムウェアのLooCipherをまき散らす事に対処できないのだから実に情けない。
例文3.LooCipherなどの対策が進まない要因として、各国政府が他国にサイバー攻撃を常にしているので、実質的には善悪の判断がつかないとされている。
例文4.ある日スマホが操作不可能になりパニックから、これはサイバー攻撃によるLooCipherにやられたと暫し茫然としたが、冷静になると単にバッテリー切れだと気付き安心した。
例文5.個人レベルの対策として、あまりデジタル社会に依存し過ぎないようにすればLooCipherも実は大した事ではい。
ランサムウェア「LooCipher」の例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

LooCipherの会話例

  • 質問者アイコン

    ニュース見た? また大手企業がサイバー攻撃に遭ったみたいだよ。

  • 回答者アイコン

    そう言えば、この前は地方の病院も被害に遭ったみたいよね。どうしてそんな事をするのかしら?

  • 質問者アイコン

    犯罪者側からすると、世界中から誘拐事件をしている感覚なんだろうね。LooCipherなどのランサムウェアを使えばいつでも簡単に身代金を獲得できる。だから抜本的な問題解決の策を打たない限り永遠に続くよ。

  • 回答者アイコン

    ネットやデジタル社会の弊害よね。簡単に情報入手できるけど、簡単に狙われてしまう。最悪よ。

現代の便利な社会を嘆く男女の会話です。

LooCipherの類義語

「LooCipher」の類義語には、同様のランサムウェアとして「BEC」「ZeroFucks」「REvil」などの言葉が挙げられます。

LooCipherの対義語

「LooCipher」の対義語はありません。補足として”ランサムウェア”の対義語は「サイバーセキュリティ」「ITセキュリティ」「コンピュータセキュリティ」などの言葉が挙げられます。

LooCipherまとめ

「LooCipher」はコンピュータをウイルス感染させ身代金を要求するランサムウェアの一種です。暗号資産ビットコインを要求するのが特徴とされ、2019年頃に発覚されると世界中で猛威を振るっています。セキュリティソフト企業「マカフィー」は対策済みとしていますが、個人としては不用意にメールを開いたり怪しいサイトからアプリをダウンロードやインストールしないよう注意すべきです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事