Kotlinの画像

Kotlin(コトリン)

エンジニアを目指しているが何を勉強したらいいのかわからない、そんな人にはKotlinはぜひ覚えておいてもらいたいです。まずはKotlinとはなんなのか見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

Kotlinの意味とは

Kotlinとは、JetBrainsが開発したオブジェクト指向プログラミング言語です。この言語は主にアンドロイドアプリケーション開発においてよく使われている言語で、Javaと同じくオブジェクト指向言語です。Javaを簡潔にしたものとも言えるのでコードの量はJavaよりも少なくて済み、Javaと相互利用できるので非常に便利です。Javaとの違いは何?と思う人もいると思いますが、違いとしてあげられるのは得意なことが違う点です。Javaはサーバーサイドを得意としており、KotlinはAndroidアプリ開発を得意分野としています。なのでアンドロイドアプリを作りたいもしくはアンドロイドアプリ開発に携わりたいのであればKotlinを勉強すると良いでしょう。また同じくJavaの影響を受けて誕生した言葉はScalaです。

Kotlinの由来

Kotlinとは、JetBrainsが開発し、2011年ごろに発表されたプログラミング言語で、2017年にAndroid公式開発言語に追加された事で世の知名度がかなり上がりました。

Kotlinの文章・例文

例文1.Javaを勉強するかKotlinを勉強するか迷っている。
例文2.KotlinはScalaの影響を受けて誕生したオブジェクト指向プログラミング言語である。
例文3.アンドロイドアプリを作りたいのであればKotlinを勉強するのが良いでしょう。
例文4.KotlinはJVM上で動作するプログラミング言語です。
例文5.Kotlinを勉強すればアンドロイドアプリケーションの開発エンジニアになれる。
Kotlinはできたらアプリケーション開発ができるエンジニアになれるのでやりたい方も多いのではないでしょうか。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

Kotlinの会話例

  • 質問者アイコン

    これから将来を見越してエンジニアになろうと思うんだけど何を勉強したらいいのかな。

  • 回答者アイコン

    それだとKotlinとかどう?

  • 質問者アイコン

    アンドロイドアプリとか作れるやつだよね。それいいね。

  • 回答者アイコン

    いいと思うよ。Javaとも似てるから次にJavaをやってもいいかもしれないしね。

案件の数ではJavaに劣りますが、KotlinはJavaと相互利用できますから便利ですね。

Kotlinの類義語

Kotlinの関連語には、「Java」「Scala」「オブジェクト指向」などがあります。

Kotlinまとめ

今流行のエンジニアですが何を勉強すればいいのかわからない人も多いと思います。IT業界では業務系とWeb系、システム系などがありますが、日本で一番使われている言語は業務系の言語であるJavaです。つまり案件が一番多いのはJavaになります。しかしアンドロイドアプリを開発したい場合はScalaやKotlinが向いているためこのどちらかを勉強するのが無難かもしれません。Javaを元に作られているのでJavaに移行するにしてもスムーズにいけることでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事