KBFを意識してマーケティングする

KBF(けーびーえふ)

マーケティングにおいて重要な要素の1つである「KBF」。この言葉の意味をご存知でしょうか?マーケティング分野を仕事にする方であれば、しっかりと理解をしておかなかればならない言葉となります。今回は「KBF」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

KBFの意味とは

「KBF」とは、顧客が商品やサービスを買うことを決定する際に重視視する要素のことをさします。現代は多様の選択肢が増えており、意思決定の動向を理解しておくことはマーケティングにおいては非常に重要です。

KBFの由来

「KBF」とは、「Key」「Buying」「Factor」の頭文字をとった言葉で、購買決定要因とも呼ばれています。「KBF」はあらゆる業界において、事業を成功するうえでとても重要な要素です。
また、「KBF」は顧客や市場のニーズや環境・時代・流行などにより変化します。
例えば、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響を受け、外出自粛やおうち時間を過ごすように言われている現在は、テイクアウトやデリバリーできることが「KBF」と言えるでしょう。

KBFの文章・例文

例文1.新商品を発案する際にKBFを確認する必要がありそうだ。
例文2.時代や状況が変わってもKBFが変化しない場合もある。
例文3.KBFを見極めることが出来れば、KSFKPIを導き出すことも可能だ。
例文4.KBFを分析してターゲッティングを行うことが、利益向上へのカギだ。
例文5.同じ商品でも、使う人の状況や環境によってKBFは異なる。
KBFはターゲットによって変わるものです。そのデータを正確に生かすのがマーケターの手腕となるでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

KBFの会話例

  • 質問者アイコン

    コンビニで販売するホットスナックの新商品を企画します。

  • 回答者アイコン

    はい。わたしなりに分析した結果、片手で食べやすいものがKBFであると考えます。

  • 質問者アイコン

    なるほど。そうなるとターゲットは子供から大人まで幅広い年代になるな。

  • 回答者アイコン

    子供も親しみが持てるパッケージにして、フレーバーは子供向けのものと大人向けのものの2種類作るのはどうでしょうか?

新商品を企画する際にKBFの確認はとても重要です。

KBFの類義語

「KBF」と関連する言葉には「KSF」「KPI」などがあります。

KBFまとめ

今回は「KBF」について詳しくご紹介しました。
「KBF」は企業の売上や利益をあげるために重要な要素の1つです。
顧客のニーズや状況や環境を細かく分析をすることが、「KBF」を見極めるために必要でしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事