Javascriptは子供でもわかる

Javascript

Javascriptというプログラミング言語をご存知でしょうか。JavascriptとJavaと似た言語だと思っている人もいると思いますが、JavascriptとJavaは、メロンとメロンソーダぐらい違います。では、一体Javascriptとはどのようなものなのか、使い方やシチュエーションも合わせて説明をしていきます。

Javascriptの意味とは

Javascriptはオブジェクト指向のプログラミング言語です。Javascriptはクライアント側とサーバー側のどちらの制御するにしても使える言語なので、多くのWebアプリケーションやWebサイトで活躍しています。また、 Node.jsというサーバー側を動かすことができるJavascript環境が人気で、最近の注目されています。そしてJavascriptは多くのライブラリが公開されているのです。これにより、広い分野でJavascriptは活躍できるのです。Javascriptは学びやすいのも特徴であり、簡単にブラウザで動かしてみることもできます。

Javascriptの由来

Javascriptは開発された当初、Livescriptと呼ばれていました。しかし、その時期に開発されたJavaというプログラミング言語が注目を集めていたのと開発していたのが提携先だったということからJavascriptと改名され、Javascriptと呼ばれるようになりました。

Javascriptの文章・例文

例文1.Javascriptで書かれたプログラムを実行する
例文2.Javascriptはオブジェクト指向のプログラミング言語である
例文3.JavaとJavascriptは異なるプロブラミング言語である
例文4.Javascriptを使ってアプリケーションを作成する
例文5.JavascriptのソースコードをGithubのリポジトリにPushする

Javascriptの関連語

Javascriptの関連語としては「PHP」、「Python」、「Ruby」、「Java」、「C#」、「C++」、「C言語」などがあげられます。

Javascriptまとめ

Javascriptは、多くのサービスで使われています。スマートフォンで利用しているアプリやWebページなど私たちが普段一日に一回は利用しているものはJavascriptを使用して作られているのです。また、Javascriptはページを更新せずに処理をさせることも可能なのでユーザにとってはとても使いやすいWebサイトを作ることができます。Javascriptで制作がプログラマーの需要は高いので、Javascriptを学習する事でIT業界での価値を高める事も出来るでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事