ITバブルを詳しく説明する

ITバブル(dot-com bubble)

昨今、働き方改革の影響もあり、柔軟な働き方ができるIT業界に注目が集まっています。さて、そんなIT業界ですか「ITバブル」によって急速に成長していきました。「ITバブル」とは一体なんなのでしょうか。この記事では「ITバブル」について解説していきます。

ITバブルの意味とは

「ITバブル」とは、アメリカを中心に1990年代前半から2000年頃まで続いた、インターネット関連企業の人気が爆発的に高まったことにより起こった、実情投資や株式投資の異常な高騰です。

ITバブルの由来

そもそも「IT」とは、「Information Technology」の頭文字をとった単語です。PCやインターネットの情報技術の総称を表します。
そして「バブル」は日本の1980年代後半に起きた、好景気に浮かれた地価高や株高の予想が実際に高騰を招いてしまった際の評語として、言い始められたものです。そんな2つの言葉が合わさって「ITバブル」という言葉がうまれました。

ITバブルの文章・例文

例文1.ITバブルが来るそうだし、今のうちにIT業界のことを勉強しよう。
例文2.ITバブルが崩壊して会社が倒産の危機だ。
例文3.日本では2000年前半からITバブルの終わりが見えた。
例文4.ITバブルは崩壊したが、同じを踏まないように気をつけよう。
例文5.堅実な投資をしていたのでITバブルの崩壊もうまく乗り越えることができた。
ITブームはすごく過熱していましたが、2000年に入るとあまりにも過熱したブームに対して人々の中に警戒感が生まれました。

ITバブルの会話例

  • 質問者アイコン

    最近IT業界への関心が高まってきているように感じるよ。

  • 回答者アイコン

    確かに最近はフリーランスになって独立するためにプログラミングを学び始める人も多いわよね。

  • 質問者アイコン

    うん。過去にはITバブルの崩壊も起きているけどやっぱりかっこよくて夢のある業界だよね。

  • 回答者アイコン

    そうね。IT業界って新しい文化がどんどん生まれてるからワクワクするわ。

ITバブルの崩壊に関してこれだと言える明確な原因はないようです。あえてITバブルの崩壊の原因を挙げるとすると、新しい文化により起こった急激なブームが一段落し、大衆が理性を取り戻し始めたということかもしれませんね。

ITバブルの類義語

「ITバブル」の類義語として、「インターネットバブル」「IT景気」などが挙げられます。

ITバブルまとめ

ITバブルは崩壊してしまいましたが、IT産業が終わった訳ではありません。グーグルやアップル、マイクロソフト、アマゾンなど有名企業は生き残るだけでなく、技術革新を起こし、模索を続けています。人工知能を搭載したロボットや車など、IT産業の多様性は無限大です。
その後もどんどん新しい価値を生み出し続けるIT業界の成長は止まりません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事