iPS細胞の研究をする

iPS細胞(あいぴーえすさいぼう)

2012年のノーベル医学・生理学賞が山中伸弥教授に授与されたのは記憶に新しい方も多いと思いますが、その山中教授が開発したiPS細胞について詳しくご存知でしょうか?今回はそのノーベル賞に選ばれるのほどのiPS細胞とはなんなのかを解説していきたいと思います。

iPS細胞の意味とは

iPS細胞とは、人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう)のことです。本来1つの細胞には一つの部位の役割をする能力しかありませんが、iPS細胞は他の組織や臓器へとなれることができます。これによって病気や怪我によって失われてしまった機能を回復させる「再生医療」や新しい薬の発明が大きく進むことが期待されています。

iPS細胞の由来

英語の「induced pluripotent stem cells」の頭文字をとってiPS細胞と名づけられました。iPSのIだけ小文字なのは、当時流行していたアップルの「iPod」に因んで、同じように世界中に普及して欲しいとの願いが込められているそうです。

iPS細胞の文章・例文

例文1.iPS細胞によって拒絶反応がなくなることが期待される
例文2.iPS細胞は、将来様々な病気の治療を楽にできる可能性を秘めている
例文3.ES細胞よりもiPS細胞の方が倫理的にも問題がなく、再生医療への転用が可能だ
例文4.iPS細胞でサルのパーキンソン病の症状が改善する症例も発表されている
例文5.iPS細胞によって作られた細胞は、ガン化する危険性もある
山中教授の発表は今後の再生医療に大きな期待を抱かせてくれるものになりました。

iPS細胞の会話例

  • 質問者アイコン

    山中教授の発明したiPS細胞ってES細胞と何が違うの?

  • 回答者アイコン

    ES細胞との一番の違いは、受精卵を使うか使わないかだね。受精卵だと拒否反応が出てしまうのよ

  • 質問者アイコン

    iPS細胞が出るまでは再生医療って結構難しかったのね

  • 回答者アイコン

    自分の細胞がどの部分にも適応させられるのは心強いわね

これからの再生医療は飛躍的に成長が期待されている分野であり、今後の更なる研究・開発が楽しみですね。

iPS細胞の類義語

iPS細胞の類義語には、「ES細胞」があります

iPS細胞まとめ

iPS細胞は開発した山中教授の遊び心と共に、自分の細胞が他の組織の細胞と生まれ変えられる再生医療や新薬開発の大きな手助けとなる奇跡の細胞のことでした。さらなる発展に期待して、世界中の医学の大きな発展に期待をしたいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事