iDeCo(イデコ)

iDeCoとは、個人型確定拠出年金と呼ばれるもので、少額からコツコツ積み立てて老後のために備える年金制度のことです。「人生100年時代」や「老後資金(には最低)2000万(以上必要)」と言われる今、将来に備えて早いうちから将来を見据えてこの年金制度を利用している人も増えています。それでは今回は、「iDeCo」についての解説です。

[adstext]
[ads]

iDeCoの意味とは

iDeCoについて詳しく解説していきます。iDeCoは、個人型確定拠出年金と言われるもので、将来に向けて老後資金としてコツコツ貯蓄していくことができる年金制度です。iDeCoのメリットとしては、掛け金が全額所得控除になるため、所得税や住民税の節税対策になります。また、運用益の税金も0円で、一時金の受け取りも1500万円までは非課税というメリットがあります。月々5000円からコツコツ積み立てて始めることができ、節税対策にもなるため、とてもお得な年金制度として利用する人も増えています。ただ、デメリットとしては年金制度なので60歳までは引き出すことができないということや、運用商品なので元本割れをするリスクがあるということです。iDeCoは、自営業者や会社員、公務員や専業主婦などによってそれぞれ掛け金の上限が変わります。

iDeCoの由来


iDeCoの由来は、個人型確定拠出年金を英語表記にした「individual-type Defined Contribution pension plan」から文字を取って構成されました。この愛称は、募集によって選定されたもので、30代の会社員女性の応募したこの「iDeCo」が採用されたということです。

iDeCoの文章・例文

例文1.将来に備えてiDeCoを始めてみようと思う。
例文2.iDeCoに興味はあるが不安でなかなか手を出せない。
例文3.iDeCoをなかなか始められない理由の一つに、60歳まで引き出すことができないというのがある。
例文4. 正直、国がつみたてnisaとiDeCoを推奨してくるのが怪しくて手を出そうか迷っている。
例文5. 節税対策としてはiDeCoとふるさと納税だとどちらが良いのだろう。
iDeCoの例文になります。iDeCoに関しては、60歳まで引き出せないというリスクなどもあり、お得な年金制度とはいえ賛否両論様々な意見があるようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

iDeCoの会話例

  • 質問者アイコン

    老後のために資金を貯めようと思って、資産運用で株とか始めてみようと思うんだけど、実際知識がないからどう始めたらいいか分からないんだよね。

  • 回答者アイコン

    それならiDeCo がいいんじゃない?60歳まで引き出せないっていうのはあるけど、節税対策にもなりながら老後資金をコツコツ蓄えられるからいいと思うよ。

  • 質問者アイコン

    あー、iDeCo ね。聞いたことはあるけど詳しくは分からないんだよね。

  • 回答者アイコン

    初心者向きだし、少額からコツコツ始められて節税対策にもなるから、もし資産運用に興味があるなら、iDeCo を始めてみるといいんじゃないかな。

iDeCo についての会話例です。少額から始められることもあり、比較的初心者向けではあるということを話していますね。

iDeCoの類義語

iDeCo の類義語は、「確定拠出年金」「つみたてNISA」「NISA」などがあげられます。

iDeCoまとめ

今回はiDeCoについての解説でした。老後に備えて早いうちから資産運用を行いたいという方にはとても良い制度なので、興味があれば始めてみると良いかもしれないですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事