HTTP

インターネットが普及し、利用する人が増えました。一人一台スマホを持っているのが当たり前となり、街中でも多く見かけるようになりました。そんなインターネットを利用して通信を行い、サイトを閲覧するときに利用する通信規約がHTTPです。HTTPとは一体なんなんでしょうか。

HTTPの意味とは

HTTPとは通信規約のことであり、通信プロトコルと呼ばれたりもします。インターネットを利用して検索などをした時にURLが表示されると思いますが、そのURLの先頭にはhttpやhttpsなどがついていると思います。それがその通信規約を表しています。また、httpsでは情報を暗号化する技術を利用して悪意のあるユーザーから利用者の個人情報やデータなどを盗まれないようにセキュリティを強化しているのです。httpsのsはsecureのsであり、安全ということを表しています。通信規約はHTTP以外にもあり、用途により使い分けられています。現代のネットサーフィンができるのは、HTTPのおかげで成り立っているといってと過言ではありません。

HTTPの由来

HTTPは「Hyper Text Transfer Protocol」の略です。HTTPはWebブラウザとWebサーバーとともにイギリスの物理学者によって初めて発明されました。通信を行うことやり方は今までに確立されたものはなかったので、機能も少ししか実装されていませんでした。HTTPの発展とともに、メソッドが増えていき、現在のようにサーバーと多くのやりとりができるようになっていきました。そして今日のようにHTTPという通信規約を利用することにより、私たちはブラウザを通じてサイトを見ることができるようになったのです。

HTTPの文章・例文

例文1.HTTPは通信プロトコルである
例文2.HTTPは世界中で利用されている
例文3.セキュリティを強化のため、HTTPではなくHTTPSを利用する
例文4.WebサーバーからHTTPを利用して指定したファイルを受け取る
例文5.HTTPという通信プロトコルのおかげでサイトを見ることができる

HTTPの関連語

HTTPの関連語としては「HTTPS」などがあげられます。

HTTPまとめ

HTTPは世界で広く使われている通信規約であり、知っておいて損はないでしょう。また、この通信方式とHTTPSの違いを知っておくことにより、自分が利用するサイトやサービスなどの安全性を知ったり、自分でサイトを構築する時にはきっと役に立つでしょう。通信についての知識を身につけるとともに今後より発展していくだろうインターネットをうまく使いこなせるようになれるといいですね。

この記事を読んでいる人に人気の記事