HTML

私たちは普段多くのWebサイトを⾒ていると思います。それらのほとんどはHTMLという⾔語を使って作られています。では、⼀体HTMLとはどのようなものなのでしょうか。webサイトを作る上で基礎的な知識となり、ここからスタートすると言っても過言ではありませんから、しっかりと覚えておくといいでしょう。

HTMLの意味とは

HTMLとはWebページを作成するために開発された⾔語です。HTMLは、ハイパーテキストというものに識別するための⽬印をつける⾔語とも⾔い換えることができます。ハイパーテキストとは、リンク付けをできるテキストのことです。Webページを⾒ているページから他のページに遷移することがよくあると思います。ページの紐付けが実現できているのはハイパーテキストおかげなのです。また、マークアップとは、それぞれの⽂章がどのような役割を持っているか識別するタグというものを使い、⽬印をつけていくことです。これによって私たちはよりWebページ快適に閲覧することができるのです。

HTMLの由来

HTMLは「HyperText Markup Language」の頭⽂字をとって名付けられています。

HTMLの⽂章・例⽂

例⽂1.初めてHTMLを使ってWebページを作成する
例⽂2.HTMLで他のページにリンク付けする
例⽂3.HTMLで書かれたテキストをCSSを使って⾃由にデザインする
例⽂4.Webページを作るならまず最初にHTMLについて学ぶ筈だ
例⽂5.HTMLで⽂書にタグ付けをして役割がわかるように⽬印をつける

HTMLの関連語

HTMLの関連語としては「CSS」、「Javascript」「PHP」などがあげられます。

HTMLまとめ

HTMLは、Web ページを作るには必ず必要な知識です。HTML はとても学習しやすいので⾃分のサイトなどを作ってみたいという⽅にはお勧めです。HTMLを学ぶことにより、CSS についても学ぶ機会が増えるでしょうし、慣れてきたならPHPなどのプログラミング⾔語を学習し、Webアプリケーションなどを作成してみても良いでしょう。HTMLについて学習することそれほど⼤変ではないので是⾮学習したことない⼈は挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事