eSIMへの期待は高まっている

eSIM(イーシム)

スマートホンやタブレットなどで取り付けられている小さなSIMカードはご存知かと思います。そのSIMもどんどん技術が良くなり進化を遂げてきています。そんな中今後の期待が高まる「eSIM」が発表され話題となりました。
eSIMとは何なのか、どういうことができるのか解説していきたいと思います。

eSIMの意味

SIMカードは電話番号の情報を読み取り契約プランを基にしたサービスを受けられるようにするものとなります。
今まではSIMカードを契約したスマートホンの機種に入れ込んでいましたが、「eSIM」はもともと機種本体に埋め込まれたものとなります。
そうすることでユーザー自身が携帯電話情報を書き換えることが可能となり、「自宅や外出先などでケータイキャリアの変更」が簡単にできたり「海外の現地のキャリアに切り替えて使用」することが可能なので、海外旅行のためにわざわざプリペイドのSIMを購入する必要も無くなります。

eSIMの由来

そもそもSIMというのは「Subscriber Identity Module(加入者認識モジュール)」の頭文字をとったもになります。
それに「埋め込み型」という意味の「embedded」の頭文字を足して「eSIM」と名前をつけられました。

eSIMの文章・例文

例文1.話題になっているが実はまだ日本でeSIMのサービスは広がっていない
例文2.eSIMはユーザーにとっては便利でありがたいサービスだろうと思う
例文3.大手の3キャリアはeSIMのサービスに対して難色を示している
例文4.eSIMの導入にはユーザーによる情報の流出の可能性などまだ少し不安がある
例文5.eSIMサービスを開始したところもあるらしい
ドコモ、au、ソフトバンクともセキュリティ上のリスクが大きい他、気軽にキャリアを変えられるということもありなかなか積極的にダービス開始することができないようです。

eSIMの会話例

  • 質問者アイコン

    今話題になってるんだけどeSIMって知ってる?

  • 回答者アイコン

    知ってるよ!私には良さがわからないけどね

  • 質問者アイコン

    キャリアの変更はともかく、海外旅行するときにわざわざSIMカード買いに行かなくていいっていうのは魅力的だな

  • 回答者アイコン

    私海外旅行しないしなぁ、キャリア変更もなんだかんだめんどくさそうだからいいや

関心のある男性と全くない女性の会話になります。今の所はメリットもデメリットも数多くありますので一概にそれがいいとは言えないですね。

eSIMの類義語

eSIMの類義語には「SIM」「MVNO」などが挙げられます。

eSIMまとめ

新しい形のSIM規格ということもあり期待や注目度は高くありますがまだ日本ではサービス開始までには至ってないようです。中にはeSIMサービスを開始した会社もあるようですが、こちらはデータ通信のみ利用可能なため通話はできないとのことです。
それでもきっと今後技術がもっと発展し、セキュリティ問題も解決すれば精度の高いeSIMを利用できるかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事