ESG(Environment Social Governance)

「ESG」とは「持続可能な社会を目指す国や企業の垣根を排除した取り組みで、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス、企業統治)の頭文字からなる共通キーワード」です。現在は正に社会の過渡期で、これまでの環境破壊を進める経済発展や不平等で歪な人間・人権問題が改善される時期へと動きつつあります。もちろん、そんな転換途中は面倒事も多く逆に混乱する事もあるでしょうが、それを乗り越えるとより良い未来が待ち受けているのです。それではやっと環境問題に本腰を入れた「ESG」の解説となります。

[adstext]
[ads]

ESGの意味とは

「ESG」の意味は以下の通りとなります。
(1)企業や機関投資家が持続可能な社会を形成するために配慮すべき3つの要素「環境」「社会」「企業統治(ガバナンス)」の事。
(2)長期的な成長を促す社会共通のキーワードが「ESG」で、「Environment」(環境)、「Social」(社会)、「Governance」(ガバナンス、企業統治)の頭文字を合わせた言葉。
「ESG」は近年何かと登場する事が多い言葉で、「持続可能」や「サスティナビリティ」や「SDGs」などのキーワードと関連させて話題となる機会が増えていますが、さらに投資分野からも「ESG投資」として注目を集めています。まず、「ESG」は上記の通り環境の「Environment」、社会の「Social」、ガバナンス「Governance」を合わせて誕生した俗語で、これまで漠然としていた地球温暖化対策や環境保護に発展途上国サポート、そして次世代に自然環境を残すなどをもっと真剣に本腰を入れる世界全体や企業での取り組みが「ESG」です。具体的には二酸化炭素の排出削減、脱石炭化や脱炭素化、人権問題で人種差別反対、労働時間や残業時間の短縮、政治の情報開示、性的マイノリティへの理解など例を挙げたらいくつもありますが、これらを全て含めて「ESG」であり持続可能な未来への橋渡し的な行動となります。企業としてもこれまでは商品を安価で販売して販売数で売上を伸ばしたり、或いは反対に高価格の商品を販売してブランド価値を高めるのが有るべき企業の目指す姿でしたが、現在は同時に社会環境に考慮したり再生可能なエネルギーに対応したりと、「ESG」にも積極的で透明性がある企業こそ社会的に必要と評価されるのです。また、そんな社会貢献する企業に応援という形で投資する「ESG投資」も注目されていて、かつては理想論と揶揄されていたが、今では応援する人が増えて株価が上がりさらに投資する人が増えるという理想的な好循環に陥っています。一方で問題点としては、これまでとは真逆な政策や企業方針に舵を取る事になるので、この方向転換のインフラ整備で莫大な出費が嵩み、対処できない企業も続出する恐れがあります。また、経済発展とは環境を無視したからこそ成し遂げたので、今後は大きな成長が望めないとする声もあります。

ESGの由来

「ESG」の由来は2006年に国連事務総長・コフィーアナンが提唱した投資に対する原則「国連責任投資原則」(PRI、Principles for Responsible Investment)で、そこで初めて「ESG」を考慮した投資をするように求めています。

ESGの文章・例文

例文1.社長が最近とあるセミナーに参加し、それからはESGなど最近のビジネス用語を社員の前で矢鱈と使うようになり、とうとうこの会社もヤバくなってきたと次の就職先を早く決めようと心に誓った。
例文2.ESGなどがビジネスマンの間でキーワードのようになると、必ず便乗した詐欺事件が起こる。
例文3.流行を作る人たちは次から次へとよくも新しいトレンドを生み出すものだと、ESGからも感心してしまう。
例文4.ESGでガソリン自動車が廃止になれば、集中豪雨の時などは電気自動車は故障だらけになるだろう。
例文5.未来の子供達を考えたらESGな社会を作るのは賛成だが、その為に国の借金がさらに増えては本末転倒ではないのか。
やや否定的に「ESG」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ESGの会話例

  • 質問者アイコン

    えっ、これって燃えるゴミじゃないの?

  • 回答者アイコン

    まあ燃えると思うけど、今は何でも分別するのがマナーだから。その方がエコロジーでしょう?

  • 質問者アイコン

    そうだね。確かにエコロジーって言われたら、分別する方がいいね。でも、これからはエコやESGなど環境問題を配慮しないと常識知らずな人になるね。

  • 回答者アイコン

    うんうん。昔は飲酒運転や喫煙も当たり前だったけど、今は常識としてそんな事をしないよね。それと同じで、環境などを考えて行動しないとね。その為にはゴミの分別が大事なの。

夫婦がゴミ分別から環境問題や「ESG」について会話をしています。

ESGの類義語

「ESG」の類義語には、「PRI」「GPIF」「CSR」などの言葉が挙げられます。

ESGまとめ

「ESG」はビジネスシーンなどで注目の重要ワードで、「Environment」(環境)、「Social」(社会)、「Governance」(ガバナンス、企業統治)の頭文字からなり、持続可能な社会を目指す考えがや概念、そして共通理解です。将来が少しでも暮らしやすくなる為に、環境を配慮したり人権問題に取り組むのは社会に絶対必要なのです。今では政府や国が率先して動き、脱炭素化などの動きを加速させ世界全体が良い方向に進んでいます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事