eスポーツ

今後、スポーツ競技として広がりを見せそうな機運のあるeスポーツを紹介します。互いに声を掛け合って戦術を練り、5人一組で陣地を奪い合うオンラインゲーム、リーグ・オブ・レジェンドのプレイの様子をテレビや動画で見たことのある方も多いのではないでしょうか?以下eスポーツの意味や使い方を解説します。

eスポーツの意味とは

ネットゲームの対戦スキルを競うeスポーツは、オンラインゲーム、ネットゲームとの呼称でゲームファンに親しまれてきましたが、戦術性の高さや、スポーツ対戦の側面からみたバーチャルリアリティが注目され、スポーツとして認められるようになってきました。2018年の秋にインドネシア・ジャカルタで行われたアジア大会でeスポーツが参考種目に採用されたため、俄然盛り上がりの機運を見せています。

eスポーツの由来

eスポーツの歴史は浅く、2000年頃にeスポーツという言葉が生まれたようです。ただ、かつて任天堂のファミリーコンピュータが発売された80年代に遡れば、ハドソン等のソフトウェアハウスが主催してゲーム名人を競う大会が行われてきました。この時代を含めると40年近い歴史があり、eスポーツがネットゲーム化してグローバル化したといえそうです。

eスポーツの文章・例文

例文1.eスポーツ用の高性能パソコンは、ゲーミングPCと言われています
例文2.高校生のeスポーツ部発足を支援して、OA機器販売会社がゲーミングPCを無償で貸した
例文3.パソコン部の活動では、放課後にeスポーツの研究をしている
例文4.eスポーツ用途のパソコンは、グラフィックやゲームサウンドが、ビジネス用途のそれとは桁違いに性能が良い
例文5.アメリカではeスポーツはスポーツとして認められている

eスポーツの類義語

eスポーツの類義語としては、「オンラインゲーム」「ネットゲーム」「ゲーミング」があげられます。

eスポーツまとめ

アメリカ、中国、韓国の3か国はeスポーツ先進国であり、年収で1億円以上稼ぐアメリカのプロゲーマーは、スポーツ選手と同等の扱いを受けています。また、インターネット社会が成熟している韓国や中国でもeスポーツは発展していて、市場規模も日本より格段に大きいです。日本では、都市地域におけるネットカフェでのeスポーツ観戦のほか、国内地方でも人気の波に乗る動きとなっており、高校生の団体による文化プログラムへの出場や、ITベンチャー企業主催の、大会組織の運営や社内チームの立ち上げなど準備が進んでいます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事