DV妻になってしまった

DV妻(でぃーぶいづま)

DV(ドメスティックバイオレンス)という言葉が世間で使われるようになって久しいですが、DVとは家庭内での暴力のことを指しています。そして、これまでこのDVという言葉は夫から妻に対して行われるものという概念がありました。それもそのはずで、単純に男性の方が女性より力が強かったりするので、そうなりやすい傾向でした。しかし昨今では、逆に妻から夫に対してのDV被害、いわゆる「DV妻」と呼ばれるものが出てきました。このDV妻について解説をしていきたいと思います。

DV妻の意味

DV妻とは、その名の通りDV行為を行う妻のことを指しています。割合としては実に5人に1人がこの傾向があるということです。なぜこのような状況になるかの原因は様々ですが、多い要因としては夫婦間での意見や考え方の違いが引き金になるようです。例えば、子供ができなくて最初は夫婦で頑張ろうとしていましたが、時が経つにつれて妻だけが頑張り負担が増大していしまった結果、DVに発展するという事などがあるのです。

DV妻の由来

上述させていただきましたが、本来DVというのは夫が妻に対して行うものというイメージがありましたが、近年では妻が夫に対してDVを行うという傾向が見られるようになってきたため、「DV妻」と呼ばれるようになりました。

DV妻の文章・例文

例文1.私の妻はDV妻だ
例文2.隣の家庭の旦那さんはDV妻で悩んでいるらしい
例文3.最近ではDV妻という言葉があるらしい
例文4.DVを行う妻をDV妻などと言うらしい
例文5.DV妻が恐ろしくて反抗ができない
実際問題、DV妻に恐れて110番通報するなどの問題が増えていると言うことです。次に会話例でもどう言うものかを見ていきましょう。

DV妻の会話例

  • 質問者アイコン

    最近知ったんだけど、隣の奥さんは旦那さんにDVをしていたらしいね。

  • 回答者アイコン

    奥さんが旦那さんに!?
    逆じゃなくて!?

  • 質問者アイコン

    いわゆるDV妻というやつだよね。

  • 回答者アイコン

    最近は多いとは聞くけど、こんなに身近であったなんて。

会話例のように実はお隣がなんてこともあるかもしれません。

DV妻の類義語

DV妻が妻から夫に対しての意味なので、通常のDVは夫から妻ではありますが同じ意味として捉えることができます。

DV妻まとめ

ちょっとしたことがきっかけで夫婦間の意見がねじれてDVという事態にはっってんすることが多いようです。そうならないように、普段から細かな意思疎通や時には言いたいことを我慢するというのも大事かもしれませんね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事