DNSサーバー

普段私たちがネットサーフィンでWebサイトやwebアプリケーションを利用するのにDNSサーバーは必要です。DNSサーバーの仕組みを理解することは、普段あまり意識されないことも知ることができるので損は無いと思います。では一体、DNSサーバーはどのような働きをしているサーバーなのでしょうか。その実態について説明していきたいと思います。

DNSサーバーの意味とは

URLやドメインなどからIPアドレスを教えてくれるサーバーのことをDNSサーバーといいます。Webサイトを閲覧する時に必ずブラウザにはURLが表示されていると思います。DNSサーバーは、そのURLに対応するIPアドレスを私たちが利用する端末に教えてくれることにより、私たちはブラウザ上でWebページを表示できるのです。また、メールに関しても同様でドメインに対応するIPアドレスをDNSサーバーがユーザーの端末に教えてくれます。ユーザーの端末はそのIPアドレスを元に宛先の端末を特定し、メールを送ることができるのです。DNSサーバーは私たちが通信を行う上でとても重要な役割を担っています。情報社会である現代においてDNSサーバーの重要性はとても大きいのです。

DNSサーバーの由来

DNSは「Domain Name System」の頭文字をとって名付けられています。DNSサーバーはURLやドメインからIPアドレスを回答する役割を担っている通信には欠かせないサーバーです。

DNSサーバーの文章・例文

例文1.ドメインでアクセスし、DNSサーバーにIPアドレスを問い合わせる
例文2.DNSサーバーを利用してIPアドレスを問い合わせる
例文3.通信する際にDNSサーバーは不可欠である
例文4.DNSサーバーを稼働させる
例文5.DNSサーバーが応答し、IPアドレスをユーザー端末に送信する

DNSサーバーの関連語

DNSサーバーの関連語としては「URL」、「IPアドレス」などがあげられます。

DNSサーバーまとめ

DNSサーバーは常に動いて私たちの呼びかけに応えてくれます。DNSサーバーがあるおかげでインターネットを通じて色々なサービスを利用でき、ほかの端末と通信できているわけです。もし仮にDNSサーバーがなかったり、正常な働きをしなければ通信端末を識別できなかったり、そもそも通信することすら不可能だったりするわけです。普段webサイトやメールなど使うときはあまり意識されないDNSサーバーですが、私たちの日常に大きな手助けとなっています。

この記事を読んでいる人に人気の記事