DMP

情報化社会の中で企業が顧客の情報や広告の配信結果の情報などを手にすることは非常に大切な要素になってきています。
客観的なデータを元に正確な戦略を導き出すことで、より費用対効果の高い施策を講じる事が出来ます。そして、そのようなデータは紙でまとめておくわけにはいかずデータベースとして保存をしておく必要があります。
その際に出てくるのがDMPと呼ばれる概念です。これからの企業戦略を左右する重要なファクターですので、しっかり学んでいきましょう。

DMPの意味とは

DMPとはData Management Platformの略語で、インターネット上の各種サーバーに蓄積されているデータや自社サイトのデータを一元管理し、最終的には広告配信といったアクションプランにつなげるためのプラットフォームを指します。大きく分けて「オープンDMP」「プライベートDMP」があります。自社のデータと外部のデータを掛け合わせることでより精度があがった配信先へ広告を打ち出していくなどの利用方法があります。

DMPの由来

これまでネットが充分に普及する前は紙ベースでデータを保存したりという事もありましたが、今は基本的にデータベースでの管理となっています。その方が情報を一元管理してより精度の高い解を求められるという利点があるので、特に顧客情報などはもろにマーケティング情報として利用するべきです。

DMPの文章・例文

例文1.DMPによって大量のデータを収集・分析することが出来、広告配信などの施策につなげる事が出来る
例文2.DMPによって自社のデータと外部のデーターの両方を付け合わせる事で整合性のとれた情報となる
例文3.DMPの存在によって私たちの日々の活動や情報は全て一元で管理されることになる
例文4.広告を配信する際にDMPに十分にたまったデータを元に配信を行う事で費用帯効果を上げる
例文5.DMPを利用することで今までバラバラだった経営に役立つ情報を集約することが出来たので、経営がよりスムーズに進行することになる
DMP導入の最大のメリットはそれによって情報の一元管理が出来るようになることです。それぞれ価値がある情報でもつなげてみないと話が進まなかったり、何でもないと思っていた情報が実はけっこう凄い話だったという事もあります。

DMPの類義語

類義語はありませんが、関連語としては「デジタルマーケティング」があげられるでしょう。またデータ分析という観点では、「データサイエンティスト」や「Python」という言葉が近しい言葉としてあるでしょう。

DMPまとめ

DMPの活用によって企業の戦略にも拍車がかかります。よりスピード感が求められるだけに、担当者の重圧はありますが、面白い仕事ではあります。ここ十数年でインターネットの普及が一気に進んだことで働く環境が一気に変わりました。これからはそういったビッグデータを扱えるデータサイエンティストの需要も高まっていくのではないかと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事