DB

情報社会の昨今、大量のデータをやり取りする必要があります。いざという時に必要なデータをすぐに出せるような状態にしておくことは非常に重要です。
それを可能にする仕組みこそがDBになります。詳細の操作をするとなると、かなり大変ですが、概要だけでも押さえておけば少なくとも話を理解することは出来ます。

DBの意味とは

DBとは、「Data Base」の略語です。ビジネスの現場では、商品データ、顧客データ、社員データなどありとあらゆるデータが必要になります。少量のデータ量であれば、エクセルなどで管理することも可能ですが、大企業のデータなどを管理するとなればそれだけで容量が重すぎて動かなくなってしまいます。そんな時には、専用のデータベースを用意して、そこにデータを管理しておく必要があります。

DBの由来

第二次世界大戦後に米軍が大量の資料を一括で管理出来る仕組みとして作成したのがはじめとされています。
その言葉通り、Data(データ)のBase(基地)という意味です。そこにアクセスをすれば何でも情報が得られるような起点としての役割を期待して作成しました。
現在の情報社会では情報の一元管理は非常に大切なテーマの1つになります。そういった意味でDBの存在は大きいと言えます。

DBの文章・例文

例文1.DBにアクセスして必要な情報を導き出す
例文2.DBは多くの人によって使用されている
例文3.今どきDBのない会社などない
例文4.顧客管理をするには、DBを利用が不可欠だ
例文5.DBのセキュリティには細心の注意を払う必要がある
DBは単に情報を管理するだけではなく、知りたいときに知れる(=検索できる)という点が求められます。より有能な検索システムを導入しようと思えばそれだけ費用もかかりますが、情報社会に乗り遅れないためには必要な対策です。

DBの類義語

DBの類義語はありませんが、関連する専門用語は必然的に覚える必要が出てきます。例えば、詳細の操作をするにあたってはSQLというプログラミング言語を駆使する必要があります。ただし、その専門家でなければDBについて詳しく知る必要はありません。

DBまとめ

情報を制する者はビジネスを制する昨今、少なくともDBの存在を知っておく事は必要かと思います。今後はそれをどのように有効活用していくかという事になってきます。
同時にセキュリティ面でも注意を払う必要がありますので、ただ集めるだけでなくその後に使用することを意識しつつ、適切な管理をする必要があります。特に大量のデータを扱う企業にとっては情報が外に意図しない形で漏れてしまえば、情報漏洩として信頼を失う事になります。
そんな悲惨な結果にならないように、情報管理は徹底しなければいけません。情報は上手く使えば武器になりますが、使い方や管理の仕方を誤ると思わぬ落とし穴になります。

この記事を読んでいる人に人気の記事