CSS

私たちがネットサーフィンしている時に、ブラウザを利用して見ているWebページのデザインやレイアウトはCSSというものによって作られているをご存知でしょうか。今回は、私たちの身近にあるCSSとはどのようなものなのか用途や利用方法についても詳しく紹介していきたいと思います。

CSSの意味とは

CSSとは、主にWebサイトのレイアウトやデザインを決めるものです。CSSを使えば、サイトの文字の大きさや色、画像の大きさなどを好きなように決めることができます。また、Webサイトをパソコンとスマホそれぞれに対応したデザインにすることも可能です。それだけCSSは、柔軟性があり、自分が作りたいと思ったデザインをCSSを使って、表現できるのです。 CSSの記述方法に関してはHTMLファイルに直接書くこともできますし、別のファイルを作成し、読み込ませることも可能です。CSSの利便性を活用するならCSSためだけのファイルを作成することがオススメです。CSSだけのファイルを作成すれば、HTMLファイルが複数存在したとしても全てのファイルにCSSを反映することができるからです。多くのWebサイトは複数のページで作成されていることが多く、それらを考慮するとやはりCSSのファイルを分けておくことは、とても大切なのです。CSSは宣言ブロックと呼ばれる場所にセレクタを指定し、記述していきます。セレクタはCSSを反映させる場所を指定するために用いられます。

CSSの由来

CSSは「Cascading Style Sheets」の頭文字をとってCSSとは名付けられています。

CSSの文章・例文

例文1.CSSを使ってWebのレイアウト変更する
例文2.文字の大きさをCSS変える
例文3.CSSで文字の色を変える
例文4.簡単なWebページをHTMLとCSSで作成する
例文5.CSSで細かいデザインを変更する

CSSの関連語

CSSの関連語としては「HTML」、「Javascript」、などがあげられます。

CSSまとめ

CSSはWebページを見るときには、必ず必要な存在です。もし、CSSがなければ 私たちはサイトをただHTMLだけで記述されたデザイン性のないWebページしか 見ることができなくなってしまいます。CSSは、デザインやレイアウトなどのユーザーが使いやすく見やすいように作っておくのに必要です。もし、これからもしWebについて勉強してみたいと思っているからはCSSについて学んでみてはいかがでしょうか。CSSは、初心者にとってはとても取り組みやすく、制作における基本とも言えるかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事