CPA

広告手法もテレビや雑誌、新聞、中吊り広告や看板広告など昔からあるものもあれば、最近ではインターネットの普及によりインターネット広告の需要と供給が非常に多くなっています。インターネット広告における重要な指標であるCPAについて説明と解説を行います。

CPAの意味とは

CPAとは「Cost Per Acquisition」あるいは「Cost Per Action」の頭文字から取ったものです。成果を1件出す為にかかった広告費用を表しています。CPAの計算式は【広告費用÷コンバージョン件数】で算出されます。CPAはバランスが大事であり、CPAが上がればその分経費が増えて利益は少なくなります。CPAが下がれば経費が抑えられて利益が多くなります。ただ闇雲にCPAを下げればいいという問題ではなく、過度にCPAを抑えすぎた結果顧客のニーズを満たさなかったり、本来獲得できた顧客を逃してしまうケースもあります。サービスや商品など最適なCPAを見つけ出し、正しい指標の元、広告運用をしていく事が求められます。

CPAの由来

インターネット広告の市場が活況を見せる様になってから、CPAという言葉は広告業界から広がっていきました。

CPAの文章・例文

例文1.CPAを考えて広告戦略を行う
例文2.広告効果を把握する為にCPAは重要だから、全てではない
例文3.クリック単価型の広告はCPAが把握しやすい
例文4.費用対効果を考える際にCPAは重要な指標となりうる
例文5.CPAによって戦略の可視化が行いやすくなる
インターネット広告、WEB広告で横文字の言葉が非常に多くなっており、広告のスペシャリストでなくても、今後のWEB社会で仕事をしていく事を考えるとCPAをはじめとするIT系の言葉はしっかり覚えておく必要があるでしょう。

CPAの類義語

CPAの類義語や関連語としては、クリック率を指す「CTR」や平均クリック単価を示す「CPC」、成果を表す「CV 」や獲得率の指標である「CVR」などがあります。

CPAまとめ

yahooやgoogleで検索をした際に出てくる上から1~3番目程度まではリスティング広告と言われるもので、実はあれをクリックして商品を購入したり、サービスを始める事が成果となります。その成果を1件出すのにいくらかかるのかその指標がCPAなのです。広告業界ではスタンダートな言葉ですので、知らない方は関連後も含めて理解しておくといいでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事