CakePHPで開発

CakePHP

皆さんはCakePHPというPHPのフレームワークをご存知でしょうか。一般的にデータを扱うショッピングサイトやSNSサイトなどはPHPというプログラミング言語などを使って作られています。そのような身近なPHPのフレームワークであるCakePHPとはどのようなものなのでしょうか。使い方や意味や特性も説明をしていきます。

CakePHPの意味とは

CakePHPPHPのフレームワークのです。フレームワークというのはプログラムの土台のようなものであり、必要最低限の機能を実装するためのプログラムが用意されています。CakePHPを使えば、開発効率を上げるだけでなく、実現したいサービスに向けて特化した開発ができるのも魅力の一つです。CakePHPもLaraval同様にMVCモデルというものを採用しています。Mはモデル(Model)のMであり、データベースとモデルを対応させます。Vは、ビュー(View)のVであり、画面を表示させるもの、Cは、コントローラー(controller)のCであり、処理を記述し、制御を行うといった感じです。

CakePHPの由来

CakePHPは、ケーキは簡単に作れるということから直接CakePHPと名付けられたそうです。

CakePHPの文章・例文

例文1.CakePHPを使うことでコーディング手間を省く
例文2.PHPのフレームワークであるCakePHPを使う
例文3.CakePHPの既存の機能を使う
例文4.PHPの学習してCakePHPについて知る
例文5.CakePHPを使って新しいWebサービスを開発する

CakePHPの関連語

CakePHPの関連語としては「PHP」「Laravel」などがあげられます。

CakePHPまとめ

どうしても一からWeb サービスやWebアプリケーションを作ろうとすると時間がかかってしまいます。また、安全性など気にすることが増えてくるに違いありません。しかし、CakePHPを使えば、開発するための土台ができているのでより特化した開発ができますし、何より必要最低限の機能は実装されているので無駄なコーディングの時間を減らすことができるのです。もしこれからWebサービスやWebアプリケーションを作ろうと思っている方は是非CakePHPを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事