C#

皆さんはC#というプログラミング⾔語を知っていますでしょうか?C#とは、⼀体どんな⾔語なのでしょうか。

C#の意味とは

C#「シーシャープ」とは、オブジェクト指向のプログラミング⾔語です。また、⽐較的新しいプログラミング⾔語です。C#で書かれたプログラムを実⾏するにはNET Frameworkというものが必要となってきます。 NET Frameworkとは、C#を実⾏する際にアプリケーションとOS間で中間⾔語を機械語に変換するという役割があります。C#は、NET Frameworkを通じて実⾏されるのです。また、C#は低⽔準⾔語ではないので、C⾔語やC++に⽐べて処理が遅いが特徴です。

C#の由来

C#は、マイクロソフト社が開発したプログラミング⾔語であり、2000年に登場した⾔語です。マイクロソフト社が開発した⾔語ということもあり、主にWindowsでのアプリケーション開発などがメインとなります。

C#の⽂章・例⽂

例⽂1.C#で書かれたプログラムを実⾏する
例⽂2.プログラミング⾔語であるC#を学習して、コンパイルしてみる
例⽂3.プログラムをC#で作成する
例⽂4.C#はコンパイル⾔語なのでインタプリタ⾔語に⽐べると処理が早い
例⽂5.C#はマイクロソフト社によって開発された

C#の関連語

C#の関連語としては「PHP」、「Python」、「Ruby」、「Java」、「Javascript」、「C++」、「C⾔語」などがあげられます。

C#まとめ

C#は、C ⾔語ほど学習するのは難しくはありません。また、C#の構⽂はJava というプログラミング⾔語と少し似ているのでJava を学習したことがある⼈は習得しやすいでしょう。C#でのプログラミングは、C ⾔語を学ぶ上での知識も⾝につけることができます。また、前述したようにC#はJava に似ているということからC#を学ぶことにより、Java への学習効率も上がるに違いありません。C#も含め、⾊々なプログラミング⾔語を習得できるといいですね。

この記事を読んでいる人に人気の記事