C#はプログラミング言語

C#

皆さんはC#というプログラミング言語を知っていますでしょうか?似たような名前の言語もあり、混乱しやすい所ではありますが、C#とは、一体どんな言語なのか、歴史や用途までわかりやすく解説をしていきます。

C#の意味とは

C#は「シーシャープ」と読みます、オブジェクト指向のプログラミング言語です。また、比較的新しいプログラミング言語です。C#で書かれたプログラムを実行するにはNET Frameworkというものが必要となってきます。 NET Frameworkとは、C#を実行する際にアプリケーションとOS間で中間言語を機械語に変換するという役割があります。C#は、NET Frameworkを通じて実行されるのです。また、C#は低水準言語ではないので、C言語やC++に比べて処理が遅いのが特徴であり、難点であるかと言えるかもしれません。

C#の由来

C#は、マイクロソフト社が開発したプログラミング言語であり、2000年に登場した言語です。マイクロソフト社が開発した言語ということもあり、主にWindowsでのアプリケーション開発などがメインとなります。

C#の文章・例文

例文1.C#で書かれたプログラムを実行する
例文2.プログラミング言語であるC#を学習して、コンパイルしてみる
例文3.プログラムをC#で作成する
例文4.C#はコンパイル言語なのでインタプリタ言語に⽐べると処理が早い
例文5.C#はマイクロソフト社によって開発された

C#の関連語

C#の関連語としては「PHP」、「Python」、「Ruby」、「Java」、「Javascript」、「C++」、「C言語」などがあげられます。

C#まとめ

C#は、C言語ほど学習するのは難しくはありません。また、C#の構文はJavaというプログラミング言語と少し似ているのでJavaを学習したことがある人は習得しやすいでしょう。C#でのプログラミングは、C言語を学ぶ上での知識も身につけることができます。また、前述したようにC#はJavaに似ているということからC#を学ぶことにより、Javaへの学習効率も上がるに違いありません。C#も含め、色々なプログラミング言語を習得できるとエンジニアとしての幅が広がり、活躍できる場所も多くなってくるのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事