Bootstrapで開発を行うエンジニア

Bootstrap

Bootstrapという言葉を聞いたことはあるでしょうか。今日、多くのWebサイトが存在しており、普段一日に複数のサイトを、ブラウザを通じて閲覧するという人も多いのでしょうか。BootstrapはそんなWebサイトを作成する際に使用されることがあるフレームワークです。では一体、Bootstrapにはどのような特徴があるのか、わかりやすく解説をしていきます。

Bootstrapの意味とは

Bootstrapはフロントエンドのフレームワークであり、HTMLCSSJavascriptでWebサイトを簡単に作成できるようにしたものです。Bootstrapの特徴としてはレスポンシブWebデザインを簡単に作成できることです。Bootstrapにはグリッドシステムというものがあります。グリッドシステムを使うことで画面の違うデバイスに対応したWebデザインにすることができるのです。また、良いデザインのテーブル、ボタン、フォームなどを簡単に作成できることからコーディングの手間も省くこともできます。

Bootstrapの由来

Bootstrapは、Twitter社によって開発されたものですが、その背景としては「モバイルファースト」というGoogleの考え方があり、スマートフォンでの操作や使いやすさは大事になります。また開発のスパンやスピードが高速化した事に伴い、そういった時代の流れに則する意味でBootstrapが作られたと言われています。

Bootstrapの文章・例文

例文1.Bootstrapを使ってWebサイトのデザインをコーディングする
例文2.WebサイトのボタンをBootstrapを使って作成する
例文3.Bootstrapでサイトのレイアウトを作成する
例文4.Bootstrapのグリッドレイアウトでデザインを作成する
例文5.BootstrapはWebアプリケーションのフレームワークである

Bootstrapの関連語

Bootstrapの関連語としては「HTML」、「CSS」、「Javascript」などがあげられます。また背景の理解として「モバイルファースト」や「レスポンシブデザイン」も覚えておくと知識が広がるのではないでしょうか。

bootstrapはまとめ

Bootstrapは、フロントエンドのエンジニアを目指すなら使い方を覚えておきたいフロントエンドのフレームワークです。Bootstrapを使うことにより、質の高いWebサイトを短時間で作成することができますし、開発コストも削減できることでしょう。HTMLCSSを学習して更に勉強してみたいと思った人はBootstrapを学習してみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事