BIツール(Business Intelligence tool)

BIツールとは、蓄積した大量のデータを分析して、意思決定を手助けするためのツールです。企業がシステムなどを運用していれば、色々なデータが集まってきます。それらのデータを利用して新しいビジネスを始めることができることもあると思います。データはとても価値を持つものなのです。今回は、そんなデータを活用するためのツールであるBIツールについて話していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

BIツールの意味とは

BIツールの意味は、蓄積した大量のデータを分析して、意思決定を手助けするためのツールです。BIツールは、データを集めることだけでなく、グラフなどにして人が分かりやすいように分析することもできます。

BIツールの由来

BIツールの由来は、「Business Intelligence tool」にあります。これらの頭文字とtoolという言葉を組み合わせ成り立っています。

BIツールの文章・例文

例文1.この分野に専門的な知識がなくとも、BIツールを使うことによって簡単にデータを分析して活用することができる。
例文2.今あるシステムに蓄積されたデータをBIツールで利用することによって、新しいサービスをより便利に形で提供する。
例文3.BIツールを利用することによって、簡単にレポートが作成できるようになり、業務効率が格段に上がる。
例文4.複数のシステムのデータを集約できるのは、BIツールの利点の一つである。
例文5.いまでは、手作業によってデータを整理していたが、データが膨大になってきたのでBIツールを使うことにする。
これらからBIツールという言葉は、データを分析、利用するためのツールであることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

BIツールの会話例

  • 質問者アイコン

    この前、データを分析、情報を活用するために新しくBIツールを導入したんだよね。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。システムを跨いだデータを集めて分析しようとなると大変だからね。

  • 質問者アイコン

    本当だよ。でもBIツールのおかげで大幅に業務効率が上がったよ。

  • 回答者アイコン

    業務効率も上がるし、データを活用できて一石二鳥だね。

これは、BIツールを導入したことを話している様子です。

BIツールの類義語

BIツールの類義語には、「データウェアハウス」「ETLツール」「データマイニング」などがあります。

BIツールまとめ

BIツールを利用することはデータをより分かりやすい形で可視化できます。しかし、そのデータに活用できる価値がなければあまりBIツールを利用しても意味がないと思います。また、多くの企業がBIツールを利用しているので耳にしたときには意味について話せるように知っておけるいいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事