BCPを組み込んで事業計画を立てる

BCP(びーしーぴー)

年々導入率が増加している「BCP」ですが、「BCP」とはいったい何を指す言葉なのでしょうか?知らない人も多いでしょうが、こういった有事の際には自衛の意味でも理解をしておくことをお勧めします。今回は「BCP」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

BCPの意味とは

「BCP」とは、「事業継続計画」のことをさし、システム障害・不祥事を始め自然災害・テロなどの危機的状況におかれた際に損害を最小限におさえ、重要な業務の継続ができるための対策や戦略をまとめた計画のことをいいます。

BCPの由来

「BCP」は「Business」「Continuity」「Plan」の頭文字を合わせた言葉でそれぞれの英単語を日本語に訳すと「仕事・事業」「継続・連続」「計画・案」という意味になることから、日本では「事業継続計画」とも呼ばれることがあります。
多くの企業でBCPが導入される理由の1つには「日本の自然災害の発生頻度の多さ」があります。自然災害はいつ・どこで起こるのか予測ができません。このような危機的状況におかれた際の対応策や事業計画を策定していない企業は、事業縮小や最悪の場合は倒産なども有り得ます。
また、「BCP」を導入している企業は大企業の割合が高く、比較的経営難に陥りやすい中小企業ほど割合が低くなっていると言われています。

BCPの文章・例文

例文1.BCPを導入することで、緊急事態時にも迅速な対応ができるだろう。
例文2.BCPと一緒に防災計画についても話し合う必要がありそうだ。
例文3.職場のBCP担当に任命された。
例文4.BCPを導入しているかどうかで、取引先との信頼度に差が出る場合もある。
例文5.BCPは定期的に見直しや改善をする必要がある。
いざという時の計画をあらかじめ決めておくことはとても重要です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

BCPの会話例

  • 質問者アイコン

    自然災害やパンデミックに備えて我が社でもBCPを策定することになりました。

  • 回答者アイコン

    まずは方針や体制を考えることが重要ですね。

  • 質問者アイコン

    時間をかけてどんな状況でも対応できるBCPを策定しましょう。

  • 回答者アイコン

    はい。各部署に伝達をします。

様々な状況に備えて策定することが望ましいでしょう。

BCPの類義語

「BCP」と関連する言葉には「BCM」「年間事業計画」などがあります。

BCPまとめ

今回は「BCP」について詳しくご紹介していきました。
緊急事態に備えてこうした計画をあらかじめ考えることはとても重要です。
しかし、策定して終わりではなく、企業の体制や方針によっては定期的に計画の見直しが必要になります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事