batは中国の盛隆の象徴と言える

BAT(バット)

ニュースや記事を読んでいると最近よく目にする「BAT」。
ビジネスシーンではもちろんのこと、日常会話でもよく耳にする様になりましたが「BATって?」という人も多いのではないでしょうか?ということで今回は、中国大手IT企業の総称を意味する「BAT」について解説をしていきます。

BATの意味とは

「BAT」とは
中国の大手IT系企業3社である「バイドゥ(Baidu)」,「アリババ(Alibaba)」,「テンセント(Tencent)」の頭文字を1つずつとった言葉です。
BATと呼ばれている企業をアメリカの企業で例えると、
(1)バイドゥ(Baidu) → Googleのような検索エンジンを持つ企業
(2)アリババ(Alibaba) → Amazonのようなショッピングサイトを持つ企業
(3)テンセント(Tencent) → TwitterのようなSNSのウィーチャットを持つ企業
です。

BATの由来

アメリカの大手IT系企業を指すGAFA(Google・Amazon.com・Facebook・Apple)や、FAANG(Facebook・Apple・Amazon.com・Netflix・Google)といった巨大インターネット関連企業の頭文字をそれぞれとってつくられる言葉が頻繁に使用されるようになってきており、
先に挙げたGAFAやFAANGに対抗する中国の主要巨大企業である上記3社の頭文字を取ってBATという言葉が作られました。

BATの文章・例文

例文1.今のIT業界の勢力を握っているのはアメリカではGAFAで、中国ではBATだ。
例文2.最近ではGAFAだけでなく、BATもよく聞くようになった。
例文3.BATが日本進出を狙っているらしい。
例文4.中国のBaidu、Alibaba、TencentをまとめてBATという。
例文5.BATが〇〇企業を買収したらしいです。
「BAT」を使ったビジネスマンが使用するような文章です。

BATの会話例

  • 質問者アイコン

    先輩、今朝のニュース見ましたか?

  • 回答者アイコン

    ん?見てないけど、何かあったの?

  • 質問者アイコン

    中国のBATがAmazonを買収したってニュースがやってたんですよ!

  • 回答者アイコン

    AmazonがBATに買収されたの!?これからはGAFAよりもBATの影響力が強くなりそうだな。

IT企業の朝の社内でするような「BAT」を用いた会話です。

BATの類義語

「BAT」の類義語には、中国の新三巨頭と呼ばれている企業の頭文字を取った「TMD」などの言葉が挙げられます。

BATまとめ

「BAT」とは主要な大手IT系企業3社の頭文字を取った言葉で、最近では日本にも馴染みのある言葉になってきました。
これからもGAFAやBATの様な主要IT企業の頭文字を取った言葉が増えていくと思われます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事